シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

アラームさえ止めれば飼い主は出かけない? 時計を全力でかじって止めてくれる猫が飼い主思いすぎてカワイイ

alarmneko1猫たちにぜひ知って欲しいのが、私たち人間は朝早く起きたくて起きているわけでない、ということ。特にこれからの季節、ゆたんぽ代わりのぬくぬくニャンコを無理やりどかして布団から這い出るのは本当に心が痛いんです。本当に……。

できればずっと1日中、いやせめて午前中だけでも布団の中でぬくぬくしていたいんだけど、そういうわけにはいかない。自分でセットしておきながら、毎朝鳴り響くアラームってなんであんなに不快なんでしょーね!

しかーし、本日ご紹介する猫さんは、飼い主さんが早起きするためにセットしたアラームを器用に消しちゃうんだそうです! 偉いというか悪いというか。

【大音量アラームに立ち向かう猫】

電池式ではなく、海外でよく見るコンセントに差し込むタイプのアラーム時計は、日本のものよりもずっと音が大きく目覚めの悪さもすさまじいんですが、なかなか起きられない人にとっては、まさに社会とのつながりを保つ命綱のような存在。

この動画の投稿者さんによると、ある日、アラームが鳴っても布団の中でぐずぐずしていたところ、飼い猫がアラームにガブッと食らいついて必死に止めてくれたそうです。運良く上のボタンを押せたのか、アラームは無事止まりました。猫ちゃん、ナイス! 

【別の日にはアラームを落下させ撃沈!】

さらに別の日では、鳴り続けるアラームにイライラしていたのか、食らいついて止めようとして、アラームを下に落としちゃいました。よく見ると、アラームはギタギタに傷が付いているので、かれこれ何日も猫はアラームを止め続けているのかも?

【こう考えてくれたら嬉しいよね】

おそらく耳障りなアラームを止めたくてやっている行動だとは思いますが、もし万が一、この猫が「このうるさい道具(アラーム)さえ止めてしまえば、飼い主はいつまでもベッドの中でぬくぬくしてくれるんだよね!」と思ってやっていた行動だったとしたら、とっても可愛いよね!

参照元:YouTube(rockstar pants)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: アラームさえ止めれば飼い主は出かけない? 時計を全力でかじって止めてくれる猫が飼い主思いすぎてカワイイ
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事