シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

アラフォー婚の幸せのカタチを、ドラマ『きのう何食べた?』に学ぶ

ドラマに学ぶ、恋愛テクニック【第39回】

アラフォー婚活はなかなか難しいと言われていますが、その理由の主は出産のタイムリミットが迫っているからです。しかし、子供を持つことだけが幸せとは限りません。そこで、アラフォー婚の幸せのカタチを、ドラマ『きのう何食べた?』に学びます!

 

ドラマ【きのう何食べた?】

弁護士の筧史朗(西島秀俊)と、史朗の恋人・矢吹賢二(内野聖陽)の男同士のほのぼのとした同居生活と、日々の食卓が描かれたよしながふみ原作の漫画の実写化ドラマです。

 

 

アラフォー同棲カップルの幸せ

倹約家できちんとした性格の弁護士・筧史朗(西島秀俊)と、おおらかな美容師の矢吹賢二(内野聖陽)は、2LDKのマンションで一緒に暮らす40代のゲイカップル。些細なことで喧嘩をしたり、嫉妬をしたり、そして、お互いを想い合う気持ちは、男女のカップルと変わりません。

 

史朗が、激安スーパーで買い物をし、夕食を作り、帰宅した賢二と食卓を挟みながら、1日の出来事などを語り合う平凡な日常のワンシーンの描かれ方が秀逸で、特に内野聖陽さんの演じる賢二の笑顔を見ると「幸せって、こういうことだよな」という暖かい気持ちが込み上げてきます。男同士なので、結婚という形はとれず、子供を持つこともできませんが、だからこそ、誰かと一緒に生活をすることで得られるシンプルな幸せを、思い出させてくれるのです。

 

アラフォー婚活市場はどうなっている?

 

アラフォー女性の婚活が、いばらの道と言われるのは、出産のリミットが迫っているから。女性は出産の可能性を諦めたくないけれど、子供を持ちたいと望む男性は、高齢出産に差し掛からない年齢の女性(35歳以下)を求める為、どうしてもアラフォー女性の婚活市場での需要が少なくなってしまいます。

 

またアラフォー女性側も、結婚したら、できるだけ早く子供を授かり、子育てをしていくことを具体的に考えている人が多い為、男性に対して求める「経済力」や「年齢」という条件を譲ることができません。自分の需要が少ない市場で、競争率の高い男性との結婚を実現させるのは、なかなか至難の業。

 

そして幸運にも、子供の父親としての条件が揃っている男性に出会えたとしても、「これが人生最後の恋かも」いう思いから、ときめきを過度に求めすぎてしまったり、逆に「恋愛感情がなくてもいい」「結婚は生活」と腹をくくって、気持ちを誤魔化しながらデートや会話をし続けてると、心がすさみ、本当に結婚したいのか自分の気持ちさえわからなくなってしまうのです。

 

 

幸せのカタチをどこにもつか

 

結果、出産や子供を強く意識しすぎて、自分で自分の条件や状況を決めてしまい、迷走しがちなアラフォー女性は、せっかくの出会いを見過ごしてしまうことが多いのです。

子供のいない夫婦だけの人生の可能性も、念頭に置いて婚活を進めてみてはいかがでしょうか?

 

「子ナシでも、幸せな結婚生活が送れる」と思えば、出産のリミットを考えずに済む分、心が楽になりますし、男性に対しても、スペックではなく、内面に目を向けることができます。女性が自分自身を見てくれようと、心に触れようとしていることを察知した男性は、それを嬉しく思います。そこに本物の気持ちが芽生えれば、「高齢出産になるけれど、僕の人生に欠かせない女性」だと確信し、プロポーズの意志を固めてくれるはずです。それは「アラフォーだって、子供は産めます!」と声高に叫ぶより、速くて確実に結婚というゴールにたどり着けるだけでなく、本物の幸せを手に入れることにつながりますよ。