シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

アラサーポチャ子でもできる!今年一番モテる「ハロウィンメイク」

「ハロウィンが近いけど、大胆なコスプレをするには、年齢や体型が……。でも、せっかくなので、ハロウィン気分を味わって、ついでに男子にもモテたい!」

そんな女性は、コスプレよりもメイクでハロウィンするのがオススメです。

ですが、スプラッターな感じの怖い系メイクは男子ウケがイマイチなのだとか。

そこで今回は、アラサーぽっちゃりライターの筆者が、人気ヘアメイクサロン『EYE COFFRET×atelier haruka』ルミネエスト新宿店店長、藤田遥香さんに“アラサーでもアラフォーでもポチャ子でもできる、モテるハロウィンメイク”を教えてもらいました!

 

■1:ネイティブアメリカン風な彫り深eyesの作り方

まず全体のテイストですが、今年はフリンジなど、ネイティブアメリカンなファッションがトレンドなので、グッとそちら側に寄せて、“なりきる”のがオシャレで可愛いポイント。

そこでまずはブラウン系のアイシャドウを塗りましょう。これを目尻側に持ってくると目がパッチリとして立体的になります。さらにもっと目力が欲しい時はリキッドライナーを目尻に入れてはね上げるのがオススメ。

また大胆に遊べる方は、ブルーやグリーンなどの色物を目の下に入れるのもよいでしょう。

 

■2:口紅で作るラインとタトゥーシール

次は普段使っている赤いリップなどを使って、左右どちらかの頬にラインを入れます。一色で統一するよりも、赤やワインレッドなど二色でバリエーションを出すと、さらに華やかに。

ラインを入れたら、その間にタトゥーシールを貼ります。シールは肌に付けた後、コットンなどを使って水で湿らせ、デザインが透ける程度になったら、ゆっくりと台紙を剥がしましょう。

 

■3:ノーズシャドウで鼻のラインに立体感を

眉の下から鼻筋にかけて、ノーズシャドウを入れるとさらに立体感が出ます。この時、茶色を使うよりもベージュ系を使ったほうがより自然です。

また、ノーズシャドウは、鼻筋にまっすぐ入れるのではなく、黒目の上から鼻のラインにそって入れていくと、濃くても不自然にならないとのこと。そして、鼻筋を繋げ、小鼻の上にも入れると、バランスがよくなります。

 

■4:ワイルドな表情を演出

さらにワイルドな表情を演出したい時は、鼻の頭や頬などにブラウン系のシャドウを軽く付けてみましょう。泥が付いているかのようなカッコイイ雰囲気が、ハロウィンメイクらしさを出します。

 

■5:リップは赤やオレンジがオススメ!

リップは今回、暗めの赤色を使用してもらいました。赤系以外にもオレンジ系などがオススメとのこと。

 

■6:ヘアーは艶よりもウェット感を重視!

ヘアースタイルはウェット感があった方がよいため、マットタイプのワックスを使用。髪の毛は軽くねじって小さな三つ編みを作ります。

髪の先はカラーゴムなどで先を止めてもいいそうですが、派手な感じに抵抗がある方はそのまま編むだけでもじゅうぶん。その際は髪の先をゴムでなく、つまみながら跳ねさせる感じで逆毛にしてみましょう。

 

 

いかがでしたか?

ほとんど手持ちのメイク道具でできる簡単可愛いメイク。

羽や飾りひももお手頃価格で購入可能なので、髪につけてみるとより華やかです。

これに『H&M』や『Forever21』などのフリンジワンピースを合わせれば、バッチリ。もちろん、普通の黒いニットでもじゅうぶんですよ。

今年のハロウィンは、かしこく可愛く、メンズの視線を独占しちゃいましょう!

 

【取材協力】

※ 藤田遥香・・・メイクアップ・ヘアセット・ネイルのトータルビューティーサロン『atelier haruka』、EYE COFFRET×atelier harukaルミネエスト新宿店店長。デートやウェディングの前にプロのヘアメイクをお手頃価格で提供している。現在、期間限定のハロウィンメイクも実施中。

 

【画像】

撮影:柴田慕伊(6線ストライプ制作)