シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

アイラインとビューラーどっちが先?崩れやすい「NGメイク手順」3つ

ビューラーでまつげを上げてアイメイク完成! と思ったら、せっかく引いたアイラインがなぜか消えてしまっていたり、ばっちりメイクをしたつもりがなんだか目元がボヤっと仕上がったりした経験はないですか?

メイクに決まりはありませんが、時間と仕上がりを効率よくこなす順番があるのです。そこで今回は美容ライターの筆者が、目力が弱くなるだけではなく、崩れやすいアイメイクのNGな順番を解説します。

 

NG1:一つの眉毛をかいてから、もう一つの眉毛に移る

眉毛はメイクの表情を作るもの。ですからベースメイクが終われば、すぐにアイブロウにとりかかった方がメイク全体のバランスがよくなります。

さらに、眉頭の高さを合わせないとチグハグな印象になるので、一つのアイブロウを完成させてからもう一つへと移るよりも、左右交互に少しずつアイブロウメイクをするほうがよいです。

『美レンジャー』過去記事の「ウソッ…印象激変!写真で見る“違和感ありあり眉頭”残念な4例」では、残念なアイブロウを写真で詳しく説明しているので、ぜひご覧くださいね。左右の眉毛を比べて、余分な眉毛をカットしたり、アイブロウパウダーをつけ加えたり、左右対称になるように手を加えてくださいね。

 

NG2:アイラインをアイシャドウ前に引く

アイラインの線を柔らかくするために、アイシャドウをのせる前にアイラインを描く方も多いかと思います。でも、まずはまぶたに明るい肌色系のハイライトカラーをのせることが先決。まぶたにパウダーをおき、肌をさらさらにすることで、アイラインのモチがよくなるのです。

アイラインとアイシャドウの順番はアイメイクの強弱によって変更するとよいですよ。ナチュラルな目元にしたい場合は、アイラインをハイライトカラーの直後にし、アイラインを強調したい場合は、アイシャドウを全部塗った後にアイライナーを使用します。

どちらの目元にも、アイラインを引く前に最初に明るいベージュやゴールド系のハイライトカラーをアイホールに塗りましょう。

 

NG3:ビューラーをアイラインの後に使う

アイラインを塗った後にビューラーを使ってしまうと、せっかく引いたアイラインが崩れてしまいます。ビューラーは、アイライナー直前に使うのが最適です。アイメイクの順番をまとめると、以下のとおり。

 

(1)ナチュラルな目元

ハイライトカラー(明るいベージュ系)、ビューラー、アイライン、発色カラー(カーキ、ボルドーなど見せたい色)、引き締めカラー(ブラウン系)、マスカラの順に使用しましょう。

 

(2)アイラインを強調したい場合

ハイライトカラー、発色カラー、引き締めカラー、ビューラー、アイライン、マスカラの順に行うのがベストです。

 

あなたのアイメイクの順番と比べていかがでしたか? 実はメイクに決まりはなく、プロのメイクアップアーティストの方はそれぞれご自分に合った順番でメイクをしています。上記は参考程度にとどめておき、ぜひあなたらしいメイク法を編み出してくださいね!