シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

よくある誤解に注意!うっかりハマる「梅雨時にやりがちなNG美容法」3つ

もしかして、湿度が高ければ、それだけで“肌が潤う”と思っていませんか?

とくに梅雨時は、気温も高くなるので、汗や皮脂などが他の季節よりも多く分泌される時期なのですが、「湿度が高いから」と顔のテカリやベタつきが気になるあまりに、“潤いケア”がおろそかになる女性も少なくないよう。

でも、そんな誤解がオフィスでの顔のテカリやメイク崩れの要因になっているのかもしれません。

今回は、時短美容ジャーナリストの筆者が、コスメ販売の株式会社decenciaの発表を参照しつつ、梅雨時についやっちゃいがちなNG美容法を3つご紹介します。

 

■1:さっぱりタイプばかり使う

湿度が高いと、顔の油分が気になり始めて、つい“さっぱりタイプ”の化粧品ばかりチョイスしていませんか?

高温多湿な季節は、カラダが体温を保とうとするため、エネルギー消費が高まることからお肌も乾燥しやすく、肌バリア機能も低下してしまうのだそう。保湿を怠ると、さらに肌内部は乾燥し、乾燥ニキビや敏感肌の原因にもなりかねないんです。

間違った化粧品セレクトは、肌内部の乾燥を招く原因になります。気をつけてくださいね。

 

■2:クリームを使わない

乾燥が気になる冬の間は、クリームで保湿を意識していた方でも、梅雨あたりから使用しなくなる人が増えるのでは?

高温多湿なシーズンは、菌が繁殖しやすくなりますが、これは食べ物や室内だけでなく肌にも同じことが起きるのです。

空気中の雑菌からお肌を守るためには、高温多湿なシーズンにもバリア効果のあるクリーム使用がマスト。

 

■3:日焼け止めを使わない

雨や曇りの日には、紫外線量が少ないと誤解してはいないでしょうか? なんと、6月の紫外線量は年間で7月に次いで2番目に多い時期なのです。だからこそ、紫外線対策は必要不可欠です。

お天気の悪い日でも、冬の晴れの日に比べると約2倍の紫外線量を浴びていることになるのだとか! UVカット効果の高い化粧品を選ぶことや、日焼け止めを使用するのは、雨や曇りの日でも必須だと覚えておきましょう。

 

以上、働く女性が梅雨時についやりがちなNG美容法を3つご紹介しましたが、いかがでしょう?

朝起きた直後は肌の調子が良くても、オフィスに着いた途端に調子が悪く感じることもありますよね。毎日の仕事中のメイク崩れが気になる方は、ひょっとすると、今回ご紹介したようなNG美容法のせいかもしれませんよ!

もちろん、オフィスの空調によって肌の乾燥を引き起こすこともあります。外気が高温多湿だからって、ケアには気を抜かないほうが賢明です。

高温多湿だからと“潤いケア”を怠ることのないよう、気をつけてくださいね。

 

【参考】

あわせて読みたい