シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

やらなきゃ大損!リラックス最高潮「お風呂で3分歯磨き」のメリット

お風呂で女性がやることと言えば、半身浴、マッサージ、パックなどがあります。でも今日から歯磨きも取り入れてみませんか?

ちょっと意外に思うかもしれませんが、歯磨きをすると心身がリラックスでき、常にストレスを抱えている私たちにとって、とても良い効果が望めるのです。そんな“お風呂で3分歯磨き”の魅力をご紹介します。

 

歯磨きで副交感神経が優位に

毎日何気なく行っている歯磨きですが、実は口がリフレッシュされるだけでなく、リラックスさせてくれる効果があるのです。

東海大学の教授が行ったある実験によると、5分間椅子に座ったままの人と5分間歯磨きをした人で、手の指先の温度を比較したところ、歯磨きをした人の方に明らかな温度上昇の変化がありました。

これは歯磨きによって歯や歯肉に適度な刺激が加わり、交感神経より副交感神経が優位に働くようになったことが理由と考えられます。そして身体がリラックスして血流も上昇したのでしょう。

つまり歯磨きは口の中をマッサージすることになって、身体の緊張をほぐしてくれるのです。

 

入浴×歯磨きでリラックス効果アップ

歯を磨くだけで身体が落ち着けることがわかりましたが、これを入浴時に行ってさらにリラックス度を高めてしまおうというのが、“お風呂で3分歯磨き”の目的です。

あたたかい湯に身体を沈めると、こわばっていた身体がほぐれていくものですが、この至福の時間に歯を磨くと、もっともっと心身がリラックスできると期待できるのです。

歯磨きの時間は、副交感神経が刺激されるまで最低でも3分は行うようにしましょう。

 

歯ブラシで歯ぐきを刺激することは、健康な歯のためにも大切と言われています。ぜひ今日から試してみてはいかがでしょう?

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【参考】