シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

やっぱり!ラブラブ夫婦の妻ほど「オトコを喜ばせるアレ」が上手

ラブラブな夫婦を目の前に、「私も、カレといつかはあんな風に!」って奮起する女性もいらっしゃると思います。

結婚後も何年もに渡ってラブラブをキープできるカップルって、素敵ですよね。

実は、その秘訣って、2人きりのアノ時間も関係しているよう。

ラブラブ夫婦の妻ほど“オトコを喜ばせるアレ”に熱心な実態が、『ブライダル総研』の調査で判明したんです。

あなたは、男性を満足させている自信があるでしょうか?

同調査をもとに、さっそく、夫を満足させる妻のアレに関する実態をご紹介します。

 

■夫婦関係に満足している人は10人に7人

20~60代既婚者で夫婦関係に満足している割合を調査してみると、2012年の調査の71.4%より2.2ポイント減少し、69.2%にとどまる実態が発覚。

およそ10人に7人は満足度が高いようですが、夫は全年代で減少し妻全体では微増となったそう。

つまり、妻を喜ばせる夫は増えているもの、夫を喜ばせる妻は減っているのかもしれません。

では、一部の“夫を満足させている妻”は、どんなコトをしていると思いますか?

 

■夫を満足させるアレの時間

そこで、夫婦関係の満足度が高い夫にその理由を調査してみると、不満足の夫に比べて「1時間以上の夫婦2人での会話」または「1時間以上の家族(夫婦)との会話」の回数が、全年代を通じて多いことが明らかに!

具体的には、20代の夫では1ヶ月に14.2回ほど、30代では8.5回ほど、40代では8.3回ほど「1時間以上の夫婦2人での会話」をする夫ほど、結婚生活に満足している傾向が浮き彫りになったのです。

ラブラブをキープするためには、やっぱり夫婦2人きりのコミュニケーションって大事なのですね。

 

いかがですか?

ちなみに、夫婦満足度が高い妻は、夫と一緒に趣味を楽しむ回数が多いことを挙げていることからも、恋人同士の頃のように2人の時間を大切にすることが、ラブラブキープに繋がるのは間違いなさそう。

あなたは、彼とどのくらい会話を楽しんでいますか?

結婚後も、末長~くラブラブカップルでいるためには、2人の会話の時間を積極的につくることも大切な秘訣になりそうですね!

 

【参考】