シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もはや共働きママの苦行!? 98%が「●●が毎日の悩み」と告白

1日中働いて、クタクタになって家に帰れば、夫や子どもが「お腹すいた! ごはんまだ!?」と大騒ぎして思わずイラッ。「もう……自分で作れ!」とストを起こしたくなる働くママは大勢いるはず。

それでもやらなきゃならない毎日の料理。みなさんは「面倒くさいなあ~」というとき、どんな風に工夫をしていますか?

そこで今回は、マザーファーストが展開するクラウドソーシング『ママタント』の「ママタントリサーチ部」が行った、料理についての調査結果についてご紹介します。

 

■“料理を作るのが面倒”は98%!

調査は、20~39歳のママ49名を対象に行われたもの。まずズバリ「献立を考えたり、料理を作ったりすることが面倒だと感じることはありますか?」と質問すると、「はい」と答えた人がなんと98%! ちなみに、「いいえ」と答えた人はいなかった様子……。

次に、「“料理めんどくさいな~”そんな時はどうしていますか?」という質問では、1位が「料理の品数を減らす」(46.9%)、2位「炒めるだけ、混ぜるだけ、の料理の素を利用する」(44.9%)、3位「スーパーのお惣菜を利用する」(30.6%)でした。

時短テクや手抜き料理については、このようなアイデアが出ました。

・「炊飯器でチャーハン」(35~39歳)

・「どんぶりは簡単だし品数も減らせるからよくします(笑)」(20~24歳)

・「野菜を茹でる時は、主にレンジでチンしています」(25~29歳)

あなたはどんな手抜き・時短テクを活用していますか?

 

■料理の時短+手抜きのテクニックは

毎日疲れて帰ってきてから夕食の献立を考えて作るのは手間がかかり、夕食も就寝も遅くなってしまいそう。そこで、海外の食品情報サイト『Eating Well』の記事を参考に、時短と手間を省くテクをご紹介します!

(1)1週間の献立をあらかじめ立てる

週末にまとめて夕食の献立を立て、必要な食材もすべて書き出してまとめて買い物。下ごしらえや冷凍は空き時間に済ませておきましょう。

(2)夫の担当日も予定に

共働きならば特に、妻だけが家事を担当するのは不公平。夫にも料理のレパートリーを増やしてもらい、週に何日かは任せてしまうのも手です。夫が料理下手という場合は、片付け係に任命。

(3)準備しやすい食材を使う

帰宅後、肉をパッケージから出して切り、下味をつけ……などしていたら夜遅くなってしまいます。肉料理なら切ってあるものをソースにからめて炒めるだけ、野菜はあらかじめ切ってあるものを買う、缶詰を活用するなど、平日はサッと準備できるものを使うのも手。

(4)オーブンやレンジを活用

食材を味付けしてオーブンやレンジに入れ、タイマーをセットすれば、勝手に作ってくれるのでとっても便利! その間は別のことを片付けられます。

 

以上、料理についての調査結果と、時短・手抜きテクについてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

毎日手の込んだ料理を作ることはありませんし、たまにはお惣菜を活用しても大丈夫。自分が疲れないためにも、あまり頑張りすぎないようにしてくださいね!

 

【参考】

※ 毎日の悩みの種・・・日々の料理について教えてください!- マザーファースト

あわせて読みたい