シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もっと稼げる?キャリア女子が「年収をあげる」ための駒の進め方

 

年末が近づいた今、「あ~こんな仕事もうイヤ、来年こそ転職したい!」と願うキャリア女子も多いと思います。しかし、あなたには本当に転職の準備はできていますか?

「心の準備はできてるけど、ほかに何が必要?」という人、あなたは自分の今の“市場価値”、そして自分が目指す年収をきちんと把握しているでしょうか。

今回は、総合転職エージェントのワークポートが実施した「転職希望者のホンネ調査」を参考に、“年収の理想と現実”についてご紹介しましょう!

 

■今の年収vs適正年収はいくら?

調査は同社に来社した20~40代の転職希望者男女286名を対象に行ったもの。

「ご自身の適正年収はいくらだと思いますか?」と質問すると、このような結果になりました。

・20代・・・適正年収平均311万円 、現年収平均280万円

・30代・・・適正年収平均448万円、現年収平均416万円

・40代・・・適正年収平均590万円、現年収平均545万円

数字を見ると、「自分はこれだけ収入を得るべき」という数字が、現在の年収より20代は31万円、30代は32万円、40代は45万円も高くなっていることがわかります。総合的にみると、「自分の実力に見合う年収をもらっていない」という不満を持つ人が多いようです。

しかし、年代だけでは適正年収はわかりません。職種や住む地域なども考慮に入れるほか、「自分は会社にとって有益な存在か」という部分でも年収というものは大幅に上下するもの。

さて、あなたの理想の年収はいくらでしょうか?

 

■年収目標達成のためにすべきこととは

では、「もっと条件のいい会社に転職したい」、あるいは「今の会社で年収を上げたい」と考えている方に、そのヒントを『BizLady』過去記事からご紹介しましょう!

まず自分の目標収入を設定したら、「そこに到達するまでにはどうすればいいか」を考えて、上手に駒を進めて行くことが大事です。

成功者に聞く!働き女子が“年収1千万”を目指すために心すべきこと」でお伝えしたように、同じ会社にずっといることが年収アップにつながるとは限りません。キャリアを積みながら、もっといい条件の会社があれば経験を利用して、20代で身が軽いうちに次の段階に進むことが大事です。

上司とのコミュニケーション改善も昇給の助けになります。これは米国の話ですが、ある女性は毎年昇給のための給与交渉の際、上司にコンタクトして「来年、年収●●を実現するためには、何を成し遂げればいいのか教えてください」と尋ねたそうです!

また別の女性は、与えられた仕事だけでなく、常にもっと難しいプロジェクトの担当を買って出て、上司に自分の価値を知ってもらうようにコツコツと努力をしたそうですよ!

 

以上、“年収の理想と現実”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

理想の年収を実現するためには、ただ受動的に待っているだけではダメ。能動的に行動して、常に上へ上へと向かって進んでいくことが大事なのです!

 

【参考】

※ 転職希望者のホンネ調査 – 株式会社ワークポート

あわせて読みたい