シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もしや…彼も? 浮気性ではなく性依存症かもしれないサイン7つ

もしや…彼も? 浮気性ではなく性依存症かもしれないサイン7つ

もし、あなたの彼が性依存症だったらどうしますか? 傍からは幸せそうに見えても、実は男女間の問題って当人たちにしかわからないものです。特に寝室での二人の事情は、身近な人にも相談しにくいですよね。

『Menjoy!』の過去記事「これは怖い…身の毛もよだつ“セックス依存症”の真実」でも取り上げられましたが、“性依存症”は、アルコールやギャンブルと同じく、根深く怖い依存症であることは間違いありません。

今回は海外サイト『SUBSTANCE.COM』を参考に、彼が性依存症かもしれない7つの特徴を挙げていきましょう。もし当てはまるものが多い場合、彼の浮気を疑うよりも、性依存症ではないか疑ったほうがいいかもしれません。

 

■1:嘘つき

「仕事で帰宅が遅くなった」と言うのに、お酒の臭いがプーン……。依存症を隠すために、表と生活と、裏の生活が存在します。あなたを恐れてや喧嘩をしたくないがための“嘘”の可能性もありますが、何度も繰り返す彼には注意が必要です。

 

■2:過去の恋愛がどれも短期間で終了している

特に彼が30代、40代であるのに、なかなか長続きする彼女がいないという場合には注意が必要です。性依存症の彼は、自己コントロールを失っているので、愛情やモラルよりも、“快楽”に重きを置いてしまう傾向があります。

 

■3:あなたとの行為の後も満足した様子がない

決して自分を責めてはいけません。二人でせっかくした行為のあとも、彼が満足した様子が感じられないのは、彼自身に問題がある可能性が……。

 

■4:アブノーマルが好き

二人で一緒に楽しめるのなら良いのですが、あなたがちょっと“不安”になったり、“心地悪さ”を感じることでも彼が強引に求めてくる場合は要注意。断り続けたら彼に嫌われるのではないかなどと恐れてはいけません。

 

■5:携帯電話やパソコンの使用の仕方

携帯電話は、常にサウンドオフ……トイレやお風呂にまで持ち運ぶのはやっぱり変ですよね。

ちょっと調べものがあるからと言って、パソコンを借りてみましょう。あなたに貸す前に、すべてのメール、SNSアカウントからログアウトしていたり、履歴を消しているようであったら、何か後ろめたいことがあるのかもしれません。

 

■6:女好きが隠せない

女性の同僚にも気配りを忘れない……。可愛い店員さんや、女子を見ただけであなたの存在を忘れて自分アピールをしてしまうような彼も要注意。    

 

■7:常に自分主導のセックス

あなたにその気がなくてもおかまいなしな彼や、“テクには自信がある”などと豪語している彼も注意が必要です。相手への愛情や、気遣いがない裏側には、依存症の影が潜みます。

 

依存症の裏には、“セックス後も充足感が得られない”という最大の理由があるとされています。充足感を求め続け、愛情や相手への思いやりを無視して行為だけを繰り返してしまうため、パートナーの女性は深く傷つくハメになってしまいます。

まずは自分を責めずに、冷静に彼を観察してみましょう。もしや……と思われたのならば、医療機関へ相談してみてもよいかもしれません。

 

【参考】

※ これは怖い…身の毛もよだつ「セックス依存症」の真実 – Menjoy!

※ This Is What Being a Sex Addict Is Really Like – SUBSTANCE.COM 

投稿もしや…彼も? 浮気性ではなく性依存症かもしれないサイン7つMenjoy! メンジョイの最初に登場しました。