シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もしや…ウチの旦那も!「夫婦円満だと思い込んでる夫」が約8割

もしや…ウチの旦那も!「夫婦円満だと思い込んでる夫」が約8割

夫婦仲良くいたいというのは、誰しもがおもいますよね。でもそれは、裏を返せば夫婦仲がよくないからこそ、少しでも仲良くいたいと願うわけです。

東京イセアクリニックが、20代から50代の男女を対象に『いい夫婦の日』/パートナーに対して感じること』に関するアンケート調査をおこなっているのですが、それによると夫の8割は夫婦円満だと考えているものの、妻では6割しか夫婦円満だととらえていないことがわかりました。

およそ20%も意識に違いがあるわけです。いったい、男性たちは夫婦関係をどのように認識しているのでしょうか。調査結果から、詳しく紹介したいとおもいます。

 

■“夫婦円満?”に格差

調査によれば、夫婦円満だと認識している夫は77.8%。それに対し、妻は58.5%が夫婦円満だと考えています。また、夫で夫婦円満ではないと考えているひとはゼロであるのに対し、妻では17.1%が夫婦円満ではないと回答しています。

つまり、妻はもっと夫婦関係をよくしたいと考えているものの、夫は現状で満足しているという夫婦関係の満足に格差があることがわかります。

その理由として、夫の6割が結婚生活は楽しいととらえているのとは対照的に、妻はその半分の3割しか楽しいとおもっていないからなんです。また、妻の4割が結婚生活は楽しくないと答えているのに対し、夫ではその4分の1 である1割のみが楽しくないと答えています。

 

■生まれ変わっても今の相手を選ぶか

そんななか、生まれ変わっても結婚相手として今のパートナーをもう一度選ぶかということについて、夫は44.0%が選ぶと回答し、選ばないと回答したのは18.5%でした。反対に妻では、選ばないが48.8%、選ぶが22.0%と、男女で逆転していることがわかります。

いい夫婦でいたいと願うのは男女同じだとおもいますが、現状に対する夫婦間の満足度に対する認識の違いは、夫婦関係をよりよくしていこうと行動に影響を与えているかもしれません。

つまり、女性側は積極的に仲良くしようと行動するのに対して、パートナーは仲がいいと思っているわけですから努力を怠ってしまうわけです。

 

いかがですか。いい夫婦の日を目前に、一度夫婦で話し合ってみるというのも必要かもしれませんね。

 

【姉妹サイト】