シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もしかしたらあなたも被害者!? 「経済的モラハラ男」の特徴5つ

『Menjoy!』の過去記事でも何度となく取り上げられてきたモラハラですが、そのモラハラの中に経済的虐待(Financial Abuse)というものがあります。

衣食住に出費はつきもの。結婚や妊娠、出産、子育てを機に仕事を辞める女性が多いのも現状ですが、そんな女性の弱みを逆手にとって家庭内でパワーをふりかざすとんでもない男性……実は少なからずいるんです。

そこで今回はアメリカのウェブ情報誌『THE HUFFINGTON POST』から経済的虐待の特徴5つを勉強しましょう。

 

■1:正社員や未来性のあるキャリアに曇り顔

仕事を持つということは、今後の人生においてチョイスや決定権を与えてくれるということ。そんな妻や彼女の志を応援するのではなく、曇り顔やネガティブなコメントで対応する男性は要注意です。

深刻な場合は、「家にいて子育てをしろ」等、選択肢すら与えてくれない虐待者もいるようです。

 

■2:お金の出入りを事細かにチェックされる

細かい単位で家計を念入りにチェックしてる男性……、そんな暇があるのなら、どうしたらもっと自分が愛する家族のために稼げるか考えるべきなのです。

浪費をする妻に釘を刺すのは当たり前かもしれませんが、必要なものを買った際にも文句を言われるのは虐待の可能性があります。

 

■3:カードなし生活

銀行カードやクレジットカードなしの生活。要は、彼に“出費を頼む”ことだけが収入源になるという仕組みです。

もはやこのような夫婦やカップルは、パートナーシップではなく、従属関係になってしまっており、大変危険で不健康な状態です。信頼関係や、リスペクトがない生活など誰もハッピーになれません。

 

■4:誰のおかげで生活できていると思っているんだ発言

仮に家政婦とベビーシッターを雇ったとしたら、一体いくらかかるのか彼はわかっているのでしょうか。外で安心して働けるのは、家庭を守ってくれている人がいるからこそのこと。お金を出す=より家庭内でパワーがある、などいうコンセプトはお門違いも良いところなのです。

こんな男性と暖かい家庭は築けません。

 

■5:怠け者 or 現状改善をしない

共働きに甘んじて、あなたに生活費を多く出させたりしていませんか。そのくせ、家事の分担もフェアじゃない彼。キャリアアップや昇進にもあまり興味のない様子……。このような男性は、“男性”としてではなく、人間としてどうなのでしょうか。

あなたは経済面から生活面までお世話をする彼の母親になってしまっています。こんな状態は早く打破しないと危険ですよ。

 

いかがでしたか。“暴力”というのは殴ったり蹴ったり、目に見える形だけではありません。お金は、生活をしていく上で一番大事なリソース……。そのお金の問題に対して、誠実ではない夫や恋人は、これからのあなたの人生を台無しにしてしまうかもしれません。

一人で悩まずに身近な人や、専門家に相談するのも良いでしょう。

 

【参考】

※ Financial Abuse: 6 Signs and What You Can Do About it – THE HUFFINGTON POST