シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もう…Twitterじゃないんだから!「男のLINE」への不満3つ

毎週末に彼と順調にデートを重ねていても、彼と次に会うまでの1週間って恋する乙女には長過ぎます。そこで多くの女子が、LINEやメールで彼とやり取りすることで“つながっている感”を感じて、安心感を得たいと思っています。ところが、メッセージを打つことに関しては全く疎い男たち……。

そこで、海外ファッション誌『GLAMOUR』ウェブ版に掲載された記事を参考に、“女が男のLINEに望むこと3つ”をお届けします。ですが、LINEやメールに関しては、あまり男子に期待しないほうが良さそうですよ!

 

■1:Twitterじゃないから文字制限はないんですけど!

Twitterは140文字と文字制限があるので、長い文章は打てません。ですが、LINEやメールは文字制限がないわけで、女としては、もっと長いメールを打ってくれることを彼に望んでいます。せめて、メッセージはフルセンテンスでお願いしたいところ。

ところが、言葉でのコミュニケーションが苦手な男は、短く簡潔にメッセージを考えることしかできません。物足りないのは分かりますが、彼のメッセージの文字数と愛情の重さは、決して比例しないことを覚えておきましょう。

 

■2:少しぐらい絵文字を入れて!

同じ文章でも最後に絵文字があるかないかで、メッセージの印象は大きく変わりますよね? 言葉だけでは伝え切れないものがあるから、絵文字が生まれて多用されるようになったわけで、女は“その言葉だけでは伝えきれないもの”を、男に絵文字でコミュニケートしてほしいと思っています。

ですが、こちらも文字数と同じで、期待したらするだけ失望するハメに……。彼からLINEやメールが来るだけで、ありがたいぐらいに思っておいたほうが賢いようです。

 

■3:既読スルーされたら不安になるから返信して!

既読スルーされるのが嫌だから、彼に質問系でメッセージを送る女子は結構います。にもかかわらず、返信に時間が空きすぎたりタイミングを逃したりしたら、それすら答えずに既読スルーする輩はたくさんいます。

既読スルーされたくなかったら、彼からのメッセージで終わらせることです。そうすれば、あなたが既読スルーすることになるわけで、返信がないことにヤキモキする必要がありません。仮に、スルーされても既読になっているということは、あなたの言いたいことは伝わっているという意味です。

なので既読スルーされたからといって、不安に思ったりしないように気持ちをしっかりもちましょう。

 

あまりLINEやメールをしょっちゅうし過ぎると、すぐ彼から“重い女”カテゴリーに入れられてしまうので注意が必要です。あなたからのメッセージ頻度を減らせば、彼は「今何してるのかな?」と、あなたのことを頻繁に考えるようになりますよ!

 

【参考】