シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もう三日坊主で終わらない! エクササイズを楽しんで続けるヒント5つ

だんだん暖かくなってくるこの季節、冬の間ずっと引きこもっていた人でも心機一転して体を思いっきり動かしたり、エクササイズを始めてみたくなるものです。とはいえいつも三日坊主で続かないとお悩みの方も多いでしょう。そこでエクササイズを楽しんで続けるヒントをお伝えします!

エクササイズを楽しんで続けるヒント

1. 一人になれる優雅な時間と考えてみる

「腕立て伏せ10回しなきゃ」「プランクを30秒続けられるかしら」なんてエクササイズをまるでノルマのように思ってしまうと楽しむどころではなくなってしまいます。でもエクササイズを究極の“お一人さま時間”と捉えてみてはどうでしょう。
忙しい生活のなか、一人っきりになって何か無心に打ち込む時間なんてあまりないはず。ランニング、水泳などは単調な動きを繰り返すことで瞑想のような効果があるともいわれています。

2. ポッドキャストを聞きながら行う

別にストイックにエクササイズをしなくても、他事をしながらだって全然構わないのです。たとえばジムや自宅で何かエクササイズをする時、ポッドキャストを聞きながらやってみることもおすすめです。
自己啓発、ビジネス、英会話系などは忙しい社会人にとって有益な情報が充実しており、単調なエクササイズをしていても飽きません。勉強と運動を同時にこなしてしまえば、一日の充実感もぐっと高まります。

3. 目的地を決めてみる

ジムでひたすらトレッドミルの上を走ったり、いつも同じ公園をジョギングするだけがエクササイズではありません。「ぶらっと行ってみよう」というくらいの感覚で、自宅からどこか目的地を決めてジョギングしたり、サイクリングしたりすれば、モチベーションや楽しみもぐっとアップします。
途中で立ち止まってもいいし、寄り道したってかまいません。大事なのは自分自身が楽しむこと、ノルマや目標をぎっちり決めなくったっていいのです。

4. お気に入りのトレーナーや講師を見つける

一人では続かなくても、ジムやレッスンに通えば、周りの人から刺激を受けてエクササイズを続けてゆけそうです。そしてお気に入りのトレーナーや講師が見つかり、ファンになってしまえばもう三日坊主の心配もいりません。
その人たちに会いにゆきたいがためにエクササイズにも気合いが入り、どんどん上達してゆくでしょう。ちょっとしたことがきっかけで、エクササイズの意味合いも変わってくるものです。

5. 一つのエクササイズに限定せず、いろんなものに手を出してみる

エクササイズが続かない理由はストイックに一つのことをやり続けなければいけないと思い込んでしまっているからかもしれません。でももっと気楽に考えて、一つに限らずいろんなものを試食するような気持ちでトライしてみれば、ハードルがぐっと下がるはず。
1週間で有酸素系、筋トレ系、ダンス系、ヨガ、ピラティスなどをローテーションで取り組んでみるなど選択肢を増やすと、飽きずに続けられそうです。