シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もう一生独身でいいかも…女子が婚活に気合いが入らなくなった時

今すぐにでも結婚したい! だから頑張らなきゃいけないんだけど……。婚活に取り組むのはもちろん、彼氏がいる女性の場合は結婚の話を進めることになりますよね。その重要性はわかっているのだけれど、もう独身でいいかもなあと開き直ってしまう時があるのです。それはどんな時なのか、婚活女子の皆さんに聞いてみました。

婚活に気合いが入らなくなった時

1. 本当に好きな人と比べてしまう

大好きだった元彼。片思いの彼……。過去の相手の顔が思い浮かんで、婚活に集中できないということもあるようです。

・ 「元彼を忘れるために婚活をはじめたのに、元彼が一番好きで未練タラタラだという自分に気づく結果に……」(事務職/29歳)

・ 「片思いの彼に似た人を探してしまう。とにかく結婚に目を向けようと思っても、やっぱり好きな人が忘れられない」(営業事務/31歳)

▽ 理由はさまざまでわからないけれど、やっぱり彼が一番だという気持ちはなかなか消えないようですね。

2. 離婚者のリアルな意見を聞いた時

離婚率も高くなり、身近な場所にシングルに戻った人もいるはず。そんな人の本音を聞くと、このままシングルでも無難かもと感じるようです。

・ 「離婚した先輩と飲みにいって、『実際家庭を持ったら、我慢が多いってわかるよ』って色々教えてもらって、何だかシングルでも幸せかなって思った」(販売/26歳)

・ 「ラブラブだった上司夫婦が別れたことが信じられなかった。でも、苦労話を聞いてから、私は結婚に期待しすぎていたのかなぁ、と落ち着いて考えられるようになった」(栄養士/28歳)

▽ 離婚経験のある人は現実を知っています。結婚はゴールじゃないということを教えてくれますよね。

3. ドキドキしない出会いにうんざり

恋愛が楽しいのはドキドキ感があるからこそ! 事務的な婚活スタイルにテンションは下がりっぱなしのようです。

・ 「婚活は恋愛じゃないんだからと自分に言い聞かせているけれど、どうしても『楽しいデート』を求めてしまう自分がいる」(派遣社員/29歳)

・ 「損得だけで動く婚活スタイルに、就職活動中の昔の自分を思い出してイライラ! 今はのんびりと自分の好きなことをしています」(会計事務/27歳)

▽ 結婚と恋愛のバランス感覚って本当に難しいものです。やっぱり相手を好きだと思える感覚がほしいですよね。

4. 燃え尽きて婚活疲れ

これだけは、やってみないとわからない「婚活疲れ」。本当に想像以上のストレスです。運命の人に出会うって本当に気長な努力が必要なのですね。

・ 「SNS・ネット登録・お見合い・紹介……。全部やったけれどダメで燃え尽きた。でも、これだけ頑張ったから納得して『一人でもいいや』と思えてしまう」(秘書/34歳)

・ 「一緒に婚活を頑張っていた仲間は全員ゴールイン。これだけやってダメなら、もともと一人が合うのかもって何だかスッキリしてます」(公務員/31歳)

▽ 全力で取り組んだから納得してお休みできます。たくさん努力した成果は、後になってやってくるかもしれません!