シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

もうバレバレ!「元カレに未練がある女性」が宴席で歌うカラオケ曲3つ

失恋した時って、会社に行くことすらツラいですよね……。

ただでさえ苦しい時に心ない同僚や上司から、「あの子、失恋したのかな?」なんて噂話の対象にされるなんて、「絶対に勘弁!」という女性は少なくないのでは?

でも、失恋で病んでいるときに、会社の宴席等で“失恋ソング”を歌ってしまえば、同僚たちに失恋直後である事実がバレバレになっちゃうんです!

そこで、『CD&DLでーた』の発表を参考に、周囲に失恋がバレバレになってしまうカラオケソングのトップ3をお伝えします。

 

■3位:もう恋なんてしない

4,391人に“失恋した時に聴きたい曲”を調査してみると、3位には槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」がランクインしたそう。

多くの人が一度は耳にしたことのあるメロディで失恋のツラい気持ちを歌い上げる曲ですよね。定番の名曲だからこそ、宴席でチョイスしてしまえば「あの子、ツラいのかしら!?」などと誤解を招きかねません。

男性の曲をわざわざ女性が歌ってまで失恋ソングを熱唱すれば、失恋疑惑をグンと深めてしまうかも!

 

■2位:会いたくて 会いたくて

続いて、同ランキングの2位には西野カナさんの「会いたくて 会いたくて」が選ばれていました。女性の目線から好きな人と別れなければならない苦しさを歌い上げている曲で、リアルな歌詞も印象的ですよね。

でも、宴席で美声とともに情緒たっぷりに歌い上げてしまえば、「あの子、彼氏と別れたばっかり!?」などと噂の対象にされかねません!

 

■1位:M

そして、同ランキングのトップには、プリンセス プリンセスの「M」が選出されました。

とくに30代女性からの支持が高いこの曲は、昨年に引き続いての首位だそう! 失恋ソングとして定番の名曲ですから、同僚も年代を問わずに知っている歌といえそうですね。

気持ちを込めてしっとりと歌い上げてしまえば、上司から「君、失恋したのかね? 相談に乗ろうか?」などと不要な“おせっかい”を受けてしまうかも。

 

以上、周囲に失恋がバレバレになってしまうカラオケソングのトップ3をご紹介しましたが、いかがですか?

失恋したときって、仕事をしていても元カレのことばかり考えてしまうかもしれません。

でも、仕事の宴席で定番すぎる“失恋ソング”を歌ってしまえば、周囲に失恋直後であることがバレバレにも……。

また、失恋ソングを会社の宴席で歌うほど恋に病んでいると思われれば、元カレに未練がある女性と誤解すら受けかねません!

ただでさえ傷ついているときに余計な探りを入れられずに済むよう、失恋直後に失恋ソングだけは宴席でチョイスしないほうが賢明といえそうですね。

 

【参考】

あわせて読みたい