シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

むしろラッキー!「幹事だけが得する」社内宴会の意外なメリット2つ

「今度の打ち上げ、君が幹事ね!」と、上司から指名されたときに内心で「ゲッ」と呟いてはいませんか?

会社の宴会で幹事を仰せつかるのは、日々の業務に加えて“やること”が増える気がして、ゲンナリ感を抱いちゃう人は少なくないはず。

でも、幹事をやることで得られる驚きのメリットもあるようなんです!

ポケットカードの調査情報をもとに、“幹事だけが得する意外な恩恵”を2つお伝えします。

 

■1:金銭的メリット

幹事をやるメリットを感じている223人に、その内容について尋ねたところ、7割以上の幹事が「支払いをクレジットカードですると、ポイントが付く」と回答したそう!

参加者から徴収した会費をそのまま現金で払うのではなく、自身のクレジットカードで決済している幹事って意外と少なくないよう。

溜まったポイントは、マイルになったり商品券に交換できたりと自由に使えるのもメリットといえそうですね。

 

■2:人間的成長

さらに、幹事のメリットとしては、人間的に成長できる点も大きいのだとか!

同調査では、幹事を受けることで得られるスキルとして、「交友関係が広がる」、「自分自身の成長につながる」と回答した人がそれぞれ4割以上にも達したそう。

日頃、オフィスでは会話をしないような同僚とも話すキッカケになったり、参加者への気配りをする経験などから、自身の成長に繋がっている人もいるようです。

幹事は責任が重大ではありますが、だからこそ、社会人としてのスキルアップに直結するポジションといえそうです。

 

以上、“幹事だけが得する意外な恩恵”を2つご紹介しましたが、いかがですか?

人が「めんどくさーい」と感じるコトを積極的に受けることで、意外な恩恵を受けることもあるよう。あなたは、幹事を頼まれたときにどんな心境になっていますか?

どうせやるならば、「ヤダなー」と思うよりも、こんなメリットに目を向けてみるとやる気が出るかもしれません!

 

あわせて読みたい