シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

まるで能面?薄い顔がとことん「のっぺら幸薄に…」残念メイク3連発

日本人らしいともいえる、薄味の顔。どのパーツにもインパクトのないようにも見えますが、実際はメイクによって変わる、メイク映えする顔でもありますよね。

ただ間違ったメイクだと、顔が余計にのっぺりとし、無表情で冷たい感じに見える一方、ナチュラルすぎるメイクだと、どこか淋しいような“幸薄顔”になってしまいます。

今回は、美容ライターの筆者が、そんな薄い顔の人がしてはいけないNGメイクについてお伝えしていきます。

 

■1:眉にインパクトを持たせ過ぎ

眉を太くしたり、濃くしたりしてインパクトを持たせると、余計に顔を平たく見せてしまう原因に……。逆にはっきりと描いた細眉も、顔をきつく見せるのでNGです。地の眉を生かしつつ、丸みのあるカープと柔らかいカラーで、優しい眉を意識しましょう。

 

■2:マットなファンデーション

均一にファンデを乗せると、もともとの陰影や奥行きがなくなってしまいます。また、パーツにインパクトがないタイプの方の場合は、余計に顔が大きく見えたり、能面のように見えてしまいます。

リキッドで生き生きとした肌をつくり、マットに仕上げないようにすると自然な印象に。最後に、血色感のあるチークで肌をキレイに見せ、ふんわりとしたイメージを演出しましょう。

 

■3:ラインを強調する

パーツが小さい人は、アイラインやアイシャドウなど、濃い色でラインを強調するメイクをすると、きつい顔や表情が乏しい顔になってしまいがち。囲み目メイクはどうしても不自然になってしまうので、アイカラーは1色か2色ですっきりと、透明感をもたせます。

ライン使いは控え目にして、目尻にラインを引くくらいで。まぶたには肌をキレイに見せるアイカラーを選びましょう。

 

生き生きとした肌をつくるファンデーションに、赤みのあるチークとクリーンなアイメイクで、能面&幸薄顔を脱出! ほどよい抜け感と血色感がポイントです。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ −15kg減!有名医師が「痩せて美肌もゲット」した一石二鳥食材とは

※ え…浮気経験者77%!? 「夫や彼以外の男性」に女子が惹かれる本当のワケ