シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

まるで「天使にラブソングを」みたい! 生徒たちに混じってキレッキレのダンスを披露する校長先生がスゴいっ!

スクリーンショット 2016-01-15 17.37.51

DLOWの “Bet You Can’t Do It Like Me Challenge” に合わせて、激しくダンスする制服姿の生徒たち。その後ろで負けじと踊る、背広姿のひとりの紳士。いやぁ、ノリノリじゃないっすか。なんとこの方、校長先生らしいですよ!?

この先生、アメリカでは超有名な人物で、名前はロン・クラーク。これだけのダンスを披露できるとなれば、有名になるのは当然のような気もしますよね。でも、彼の名を知らしめているのは、このノリの良さだけではないんです。

【ダンスも立派な教育のためのツール!】

ロン・クラークさん、激しいダンスをするのはこれがはじめて……というわけではないそう。実は数学や歴史といった普通の授業中にも、歌ったり踊ったりしまくってるらしいのです。「歴代大統領ラップ」「幾何学マジ最高」なんて替え歌もバンバン作ってるんだとか。なにそれ聴いてみたい。

「生徒たちに、興味を持ってもらうことが大切なんです。彼らをハードな勉強に追い立てる以上は、こちらも信頼を得て、絆を深める努力をしなくてはならないと思っています」と語るロン。歌やダンスは、そのための手段なんだそう。

確かにこんな先生が担当してくれたら、授業も楽しくて寝てる暇ないかも。

【地道に生徒たちと絆を育んできた先生】

でももちろん、いきなり生徒たちが受け入れてくれたわけではないみたい。ニューヨークのハーレムにあった学校は問題児だらけで、やる気はないわ、言うことは聞かないわで、教師のほうがギブアップするような有様だったんですって。

そこに赴任したロンは、宿題の提出方法から礼儀作法まで、細かくルール化。もちろん、生徒たちは最初反発しますが、きちんとルールを守れたときにはごほうびをあげることで、少しずつ楽しんでルールに従うようになったんだとか。

お菓子をあげたり、スポーツ観戦に連れて行ったり……当然ながら自腹なので、教職のかたわらアルバイトまでしていたというのだからスゴい。

授業に歌やダンスを取り入れる、一緒になって遊ぶ。なかなか学校に来られない子どもたちには、何度も足を運んで自ら会いに行って、話を聞く。そうやってロンは少しずつ、クラスの子どもたちとの絆を深めていったそう。

【「全米最優秀教師賞」を受賞!】

こうしたロンの努力が実って、彼のクラスの学力は、たった一年で全米最底辺から州の平均以上に。その功績を認められて、ディズニーの「全米最優秀教師賞」を受賞し、彼が実際にクラスで使っていたルールは書籍化されました。

ロンは一躍有名教師となり、オプラ・ウィンフリー・ショウにも出演。現在は、アトランタで自身が創設した学園で、教えたり踊ったりしているそうですよ。

映画「天使にラブ・ソングを」も、落ちこぼれ学校の生徒たちが音楽で再生する物語でしたが、こちらは正真正銘の実話。熱血先生、なんて良く言われますが、やはり教育には、トコトンまで生徒と向き合う情熱が必要なんだなぁ。

参照元: Facebook(Ron Clark)The Ron Clark Academy
執筆=森本マリ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る

オリジナル記事: まるで「天使にラブソングを」みたい! 生徒たちに混じってキレッキレのダンスを披露する校長先生がスゴいっ!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事