シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

まだまだ入る!玄関の収納スペースがグンと増える「玄関収納」達人のアイディア5

玄関は収納スペースを自分で増やす工夫が大事!

玄関はお客様をお迎えする大事な入り口。その家のまさに“顔”となる場所です。ここがゴチャゴチャと散らかっていたのでは、お客様や家族を気持ちよく迎えることができません。とはいえ、靴箱などの収納スペースは限られているもの。扉を開けると中はパンパン!なんて人も多いのではないでしょうか。

矢澤さんは、限られた空間の中でも収納スペースを自分で増やして、見えない靴箱の中などを上手に使っていました。

テク1:夫のスニーカーは縦に重ねてスッキリ収納

増え続ける夫のスニーカーに悩んでいる女性におすすめなのは、『ダイソー』で購入したというシューズラックを使ったこちらの収納法。

「スニーカーを普通に1足置くと、上部分はデッドスペースになってしまいますよね。それならば、縦に重ねてみて。市販のシューズスタンドを使えば、スニーカーを上下に重ねて収納することができます。こうすると無駄なスペースがなくなり、たくさん入って見た目もスッキリします」

テク2:パンプスは前後にずらせば1足多く入る!

特に靴が好きな女性は、すぐにパンパンになってしまう靴箱。そこで「1足でも多く入れたい!」を叶えるテクがこちら。

「とっても簡単なテクなのですが、パンプスを普通に揃えて並べるのではなく、爪先を前後にずらして並べるだけで、隙間なく収納することができます。こうすると、同じスペースでも1足多く入れられるんですよ」

実際に普通に爪先を揃えた状態と、爪先を前後にずらした状態で、同じスペースに並べてもらってビックリ! ほんの少しですが爪先を前後にずらすことで1足分の収納場所がスマートになり、無駄なスペースを埋めることができ、確かに1足多く入りました! 収納アイテムも使わず簡単にすぐできるので、今すぐ試したいワザですね。

テク3:スリッパかけを作り、靴箱の内側も活用

矢澤さんのお宅の靴箱を開けると、内側にも収納テクが。磁石でくっつくタオルハンガーをマグネットに付け、扉の内側に貼ります。これで簡易スリッパかけが完成!

靴箱の内側だから普段は見えないのも嬉しいですね。これで、玄関にスリッパが散乱しているということもなくなります。

テク4:手作りハンコ入れで宅配便の受け取りがスムーズに

さらに、靴箱の扉の内側に簡易的なハンコ置き場も発見! こちらは、『ダイソー』で購入した白いケースに両面テープを貼って、扉にくっつけただけと至って簡単。

「ケースが軽いので両面テープでもしっかり接着できます。宅配便が届いた時にわざわざハンコを取りに行くのは面倒。とはいえ、出しっ放しにしたくないので、靴箱の扉の中に収納場所を作りました」

テク5:高い所のデッドスペースは“ネット収納”が正解

納戸の高い所にぽっかり空いたデッドスペースは“ネット収納”が便利と、矢澤さん。自転車に荷物をくくる時などに使うネットを引っ掛ければ、高い所にも収納スペースを簡単に増やすことができます。

「子どものサッカーボールや夫の釣り用品などを置いています。特にボールは床に置いておくと転がって邪魔ですが、これで居場所が決まりました」

以上、玄関で行なっている5つの収納アイディアでした。

家の顔でもある玄関は、いつでもキレイに整えておきたいもの。限られた靴箱や納戸も工夫次第で、実は意外とまだまだ入ったりするのですね。ぜひ収納スペースを賢く増やして、気持ちよくお客様や家族を迎えられる玄関に整えましょう。

※紹介したアイテムは矢澤さん私物です。情報は2018年12月のものです。

整理収納アドバイザー・矢澤茜

整理収納アドバイザー。インテリアコーディネーター。神奈川県厚木市で夫、子供2人と暮らす。「おうちも心もシンプルに!」をテーマに、スッキリと見せる効率的な整理収納やインテリアコーディネートのコツを教える。ブログ『A+organize』http://www.ameblo.jp/a-organaize/と、インスタグラム@a.organizeが人気。

取材・文/岸綾香

整理収納アドバイザー・矢澤茜さんの収納アイディア