シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ぽっこりお腹をカモフラージュ!ウエストが太い人の水着の選び方

いよいよ夏! プールにビーチに、水着になる機会を控えている人も多いのではないでしょうか。でも、ダイエットに成功した人でも、体のラインがイメージ通りに仕上がっている人は少ないかもしれません。なかでもウエストは体重を減らしただけでは細くなりづらい部位。くびれに自信がない人は、ウエストの悩みをカバーする「腰のデザイン」「V字プリント」「トップスの斜め結び」「タンキニ」の水着がお薦めです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■20代女子のウエスト平均値は68.8cm、理想は59.3cm

株式会社ダイアナが20代の女性26,811名の体型を調査したところ、平均身長は157.93cm、体重57.82kg、ウエストの平均値は68.80cmでした。ダイアナが算出する、美しいくびれが発生するゴールデン・プロポーションの値は、例えば28歳・身長158cmだとウエストは59.30cm。現実と理想では約10cmの差があり、くびれに自信がある人は少ないのかもしれません。


■ウエストのコンプレックスをカバーする水着選びのコツ

・ビキニは腰にアクセントのあるデザインを

ベルト付きや腰の部分に反対色の強いものを持ってくると視覚効果でウエストが細く見える効果があります。


・無地、ボーダーは縦横NG!

横ボーダーは避ける人が多いと思いますが、縦もNG。プリントの柄が伸びる危険があるデザインは太く見える可能性があるので、避けた方が無難です。また、無地も体のラインがはっきり出るのでお薦めできません。柄物ならグラデーションのV字プリントが視覚効果で細く見せてくれます。


・トップスを斜めに腰結び

大きめのTシャツなどを腰の部分で斜めに結ぶと、目線が縦に流れ、足のパレオと同じで細く見えます。


・タンキニ、水着ワンピース

今年トレンドのタンキニや水着ワンピースもウエストのコンプレックスにはお薦めです。体にフィットするぴったりデザインではなく、ウエストから下がフレアになっているデザインを選ぶとヒップのボリュームでウエストが細く見える効果があります。


周りの目線が気になって、レジャーを楽しめないのは残念なこと。コンプレックスも上手にカバーしてくれるデザインを選んで、夏を思い切り楽しんでくださいね。


(坂本雅代)

【参考】
20代女性のウエスト事情 – ダイアナ
水着ビキニの選び方 – TeddyShop