シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ぷっ…バブルですか?完コピ厳禁「無念な篠原涼子になる」オトナコーデ3選

40代女性たちが恋愛や仕事に奔走する姿が描かれ、話題を呼んでいるドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)。主演の篠原涼子のファッションにも注目が集まり、同じ洋服やバッグ、小物などを購入する女性が増えているよう。

でもちょっと待って! 実は篠原涼子の『オトナ女子』ファッションは、人気の一方で疑問の声も寄せられている模様……。

今回は、篠原涼子の『オトナ女子』ファッションを取り入れる際の、注意点を見ていきます。

 

■篠原涼子の『オトナ女子』ファッションNGポイント

一見、篠原涼子の『オトナ女子』ファッションは、洗練されていておしゃれなコーディネートばかり。しかし、一歩引いて見てみると、「これは真似しちゃいけない」と思う点も……。では、インターネット上の声を参考に、NGな理由を探っていきましょう。

(1)胸元が開きすぎ

批判が多かったのは、露出に対して。確かに、フジテレビの『オトナ女子』サイトのフォトギャラリーで振り返ってみても、胸元が開いているものが多いのは明らか。谷間が見えるようなファッションで出社しては、若手からのブーイングも至極当然かも!?

(2)高級なものばかり

「おしゃれ!」と思って、いざコーディネートをマネしようとしても、どれも高級ブランドのもの。洋服で数万、バックや時計は数十万など、「一体どんな会社に勤めれば、そんなコーデができるの?」と思うものが多いようです。マネしてしまったら、男性にも「金がかかる女」だと思われ、結婚が遠のいてしまいそう。

(3)髪をかき上げすぎ

「バブルですか」「不潔に感じる」と酷評されたのは、劇中で篠原涼子の髪をかき上げるしぐさ。演出なのだと思いますが、食事中も髪を触ったり、仕事中も髪がうっとうしい様子には、マイナス評価がついている模様。実際ロングヘアの場合、仕事中は髪を束ねている人が多いはず。

 

おしゃれで思わずマネしたくなる、篠原涼子の『オトナ女子』ファッション。しかし、そっくりそのままマネすると、かなり痛い女になってしまう危険が! 参考にする程度にとどめましょう。

 

【参考】