シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ふたりの仲は安泰! 無敵の仲良しカップルにとって当たり前のこと6つ

付き合ってすぐは恋愛テンションが高くて当たり前。連絡だってマメに取り合うし、かなりオーバーな愛情表現だって惜しげもなくできます。とはいえ、それがずっと長続きするカップルは多くはありません。ふたりの仲がずっと安泰な仲良しカップルは一体何が違うのか、彼らにとって当たり前のことをリサーチしてみました!

仲良しカップルにとって当たり前なこと

1: お互いのことを、まずひとりの人間としてリスペクトしている

カップルにとって最も大事なことは“大好き”という強い愛情。そして、ひとりの人間としてのリスペクトにあるでしょう。リスペクトとは相手の個性や価値観を尊重し、たとえそれが理解できなくてもむやみに自分の主張を押しつけたり、否定したりしないということです。むしろそんな違いこそ魅力であり、尊敬に値する、そんな謙虚な気持ちがリスペクトの根源にはあります。

2: 自分が恋人として相応しい行動をしているか、セルフチェックしている

お付き合いが長引いてくると、相手に大人げない態度をとったりしがちですが、そんな甘えがせっかくの関係を台無しにすることも。“親しき中にも礼儀あり”という気持ちを忘れず、相手に対し恋人らしく接しているか、ワガママな態度をとっていないか、常にセルフチェックできる冷静さも忘れないようにしましょう。時には理不尽なことを言ったりしてしまいますが、そんな時こそ素直に「ごめんね」と謝ることが大切です。

3: 恋人であると共に“ベストフレンド”でもある

ロマンティックな甘い感情ももちろん大事ですが、長続きする仲良しカップルたちには、まるで親友同士のような信頼感、気安さがあります。だから相手の浮気を疑うようなネガティブな緊張感や切迫感とは無縁。揺るぎない愛情と信頼がベースにあるので、親友のように何でも話せるし、隠し事なんて必要もないと感じています。

4: 日常のちょっとしたうれしいことも、キャリアアップなど大きな成功も共に喜び合える

ふたりで一緒に過ごせるだけで楽しいし、幸せと感じるのが仲良しカップル。
だから誕生日や記念日を忘れずに祝うのはもちろん、日常のささいな喜びやキャリアアップなどの大きな成功も共に喜び合うのが当然と考えます。もちろん嫌なことや悲しいことがあったら全力で支え合うので、激しく落ち込んで立ち直れないということもありません。恋人であると同時に、どんな時も支えてくれる頼もしい“パートナー”と認識しているのです。

5: 過去のことにいつまでもこだわり続けない

どんなに仲良しカップルだって、相手を許せないと思ったり、大きなケンカをしたことだってあるでしょう。でも仲直りしてしまえば、嫌な気持ちは全て水に流してしまおうというのが共通スタンスです。とりわけ女性は過去の細かいことまで詳細に覚えていて、事あるごとに話を蒸し返したりすることがよくあるので気をつけたいもの。良い意味で“忘れっぽい女”の方が、愛されやすいのです。

6: 共通の友だちも多く、さまざまな人たちと友だち付き合いができる

カップルとしてふたりの関係が安定してくると、お互いの友だちとも遊んだり、仲良くなったりする機会が増えます。相手の友だちを知ることで、自分には普段見せてくれない部分に気づいたり、また相手の良さを再確認することができるというのは大きな収穫です。
そしてそれが好循環となり、ますますお互いのことが好きになってゆくことでしょう。こうなればもう、誰も入る余地のない無敵カップルといえるでしょう。