シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

は…ヤリ逃げ!? 男が「朝起きて逃げ出したくなる」場面4つ

イイ感じの夜を一緒に過ごしたはずなのに、朝起きたら彼が逃げるように帰っちゃった……。昨夜は彼のほうが積極的だったのに、なんだったの!? カラダだけが目当て!? 女性なら誰だって納得の行かない“一夜の経験”があると思います。

そこで今回は、男が朝起きてヤリ逃げしたくなっちゃうシチュエーションを4つお届けしたいと思います。

 

1:朝起きたら、彼女がご飯を作っていた

初めての夜を過ごした朝って、男も女もなんだか気まずいもの。

女性は気まずさを晴らすために、また、よかれと思って朝ご飯をいそいそと作っちゃうんですよね。ところが、これが逆効果な場合も多いとか。

もちろん、朝起きて一生懸命ご飯を作ってくれる女性に感激する男性も多いかと思いますが、お互いをよく知らなかったりノリでベッドインしちゃったりしたケースでは、料理を作る女の姿はちょっと重い……。

朝の気まずさを晴らすためにも、朝食はコーヒーぐらいで様子をみて。カフェへさくっと一緒に出かけるか、駅まで散歩するのもオススメ。

 

2:自分の洋服が丁寧に畳まれていた

脱ぎっぱなしの洋服があるのが気持ち悪いという単純な理由で、男性の洋服を畳んであげる女性もいるかと思います。ですが、いかにも“世話焼き女房”っぽくて最初の朝には男性がストレスに感じちゃうかも。

また、なかには自分の下着を触られるのに抵抗がある男性もいます。ファーストモーニングはあまり彼のことを構わないほうがよいでしょう。

 

3:生活感のない部屋

あまりにも生活感のない他人の家は、ちょっと居心地悪くてすぐに自宅に帰りたくなるらしいんです。特にスキがなさそうな美人さんは、家はちょっと散らかっているぐらいが可愛いもの。

もしあなたがキレイ好きなら、朝はタンクトップ姿やメガネ顔などちょっぴりスキを見せてあげましょう。男はギャップ萌えします。完璧な女性には及び腰になっちゃうんですよ。

 

4:アイプチが取れている彼女

「えっ、一重まぶただったんだ……(絶句)」。

アイプチで二重にしている女性の皆さん、二重だとばかり思っていた彼女が朝起きたら一重まぶたになってた!というのは男性にとっては相当衝撃的みたいです。

男はギャップ萌えするとはいっても、スッピンとメイクにかなりの隔たりがある人は、彼が起きる前に薄化粧をしておきましょうね!

 

あなたに当てはまる経験はありませんか?

好みの男をお持ちかえりしちゃった次の日の朝は、あまり彼の世話を焼いたり家の掃除などしたりせず、あっさりした態度をとりましょうね。

 

【画像】

※ © frugo / 123RF.com