シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

においって大事! 男性陣が考える「好きな香り」と「苦手な香り」とは?

良い香りの女性に惹かれるのはもちろんですが、そのにおいがキツすぎるとかえって気持ち悪くなる……なんてことも。そこで今回は男性が考える「思わずドキっとする香り」と「近づきたくないと思う香り」についてご紹介します。

ドキッとする香り

シャンプーやヘアオイル

「すれ違ったときにどこからかフワッと香るシャンプーのにおいにドキッとします」(20代/接客)

▽ ヘアケア系のにおいって万人ウケするものが多いですよね。そのため香りがキツくなりすぎないのも、男性からの評価が高い理由なのかもしれません。特に髪の毛は動いたときに香ることが多いので「このにおいはどこからするんだろう……」と男性をドキッとさせることができます。香りものが苦手な女性でも挑戦しやすいでしょう。

ボディクリーム

「『何か今日彼女から良いにおいがするな……』と思ったらボディクリームを塗っていたらしい。全身から良い香りがするとつい触りたくなりますよね」(30代/会社員)

▽ ボディクリームは香水と違ってにおいが全面に出すぎないところが良いみたい。また肌に潤いやハリも出るので視覚からも彼らを虜にすることができます。露出が多くなるこの季節だからこそ、上手に利用したいですね。

近づきたくないと思う香り

スプレータイプの制汗剤

「汗と制汗剤の甘いにおいが混じった感じが苦手です。特に朝の満員電車でこのにおいがするとちょっと具合が悪くなってしまう……」(30代/営業)

▽ 一見何の問題もなさそうなスプレー系の制汗剤ですが、香りによっては男性から嫌がられてしまうことも……。特に制汗剤の独特なにおいに拒否反応が出てしまうとの声も聞かれました。もし使用するのであれば無香料やスプレータイプ以外のものがベターかもしれません。

タバコ

「タバコのにおいだけはどう頑張っても無理ですね……。キスするときの口臭も気になるし、そもそも相手がタバコを吸うとわかったら付き合えないです……」(20代/公務員)

▽ やはりタバコは男性ウケが悪いみたい! 特にタバコと香水が混じり合うと、余計に気持ち悪くなってしまうとの声が……。自分が思っている以上にタバコのにおいは消せないもの。体にも良くないので、なるべくならやめる方向へ持っていったほうが良いかも……。

香りものは「仕込む」くらいがちょうど良い!

これからの季節よりにおいが気になりますよね。でも自分のにおいって正直あまりわからないもの。だからこそつい香水をつけすぎてしまったり、タバコや汗のにおいに気が付けないこともあります。周りの迷惑にならないためにも、香りものはヘアやボディクリームとして仕込んでおくくらいのほうが良いのかも。そのほうがフワッとした優しい香りを放ってくれそうです。