シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

なんとタイヤ部分が “三角形” ! 日産から発売される「スキー場でグングン走れる」雪国仕様の車が頼もしい!!

nissan

西日本、米NYと、ここ最近続々入ってくる “大雪” のニュース。日々の生活において車が欠かせないというみなさまにとっては、対策が悩ましいところでしょう。

本日ご紹介する日産の車『ローグ・ウォーリア(Rogue Warrior)』は、「雪どんと来い!」な1台

カナダ・モントリオール国際自動車ショーでお披露目されたこの車、最大の特徴はタイヤの特殊な仕様です。どんな雪道でもへっちゃら。グングンすいすい、走行できちゃうの。

【タイヤ部分が三角形だ〜!】

クロスオーバーSUVの4輪すべてを履き替えて、全輪駆動と組み合わせたそのフォルムは、見慣れた丸いタイヤではなく、まるで建設現場用の車みたいな “三角形” のもの。

【傾斜45度の雪道も問題なし☆】

高さ76cm、長さ122cmの無限軌道システムのおかげで、安定感は抜群。地上高を58cmに引き上げることができるので、雪に埋まりにくいというわけ。しかも最高速度時速100km、45度の傾斜を登ることもできるんですって。わぁお、できる子!

【運転してる人のドヤ顔がすべてを証明している】

紹介動画を観ればそのことは一目瞭然。『ローグ・ウォーリア』の後部に連なったタイヤをくっつけて、スキーヤーたちを乗せて運んでみたり。あるいは、後部に装着した紐をスノーボーターが持ち、ウェイクボードのように引っ張って滑り降りてみたり。

スキー場のモフモフ柔らかな雪道も難なく進むことができる車なら、安全安心に走行できますし、重宝しそうですよねぇ。

そしてなにより、運転してる人がものすご〜く楽しそう!

【雪国に暮らす人々の強い味方に】

今後の気候変動によってはニーズが増えそうな『ローグ・ウォーリア』。その優れたスペックを目の当たりにできる動画を、それではさっそくご覧になってみてくださいっ。

参照元:Nissan Online Newsroom
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: なんとタイヤ部分が “三角形” ! 日産から発売される「スキー場でグングン走れる」雪国仕様の車が頼もしい!!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事