シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

なんとまぁ…!独身女性の8割が密かに抱く「結婚後の野望」が判明

ラブな男性との結婚後は、どんな生活を送りたいと考えていますか?

これまで必死に働いてきたからこそ、結婚後には習いごと三昧の専業主婦? それとも、ずーっとバリキャリとしてガンガン働く? あるいは、オシャレに子育てをする素敵ママとして、生きていきたいですか?

マッチアラームが独身女性953名に実施した調査によって、独身女性の8割が抱く結婚後の野望が明らかになっています。

あなたの描く将来像と比較して、いかがでしょうか? さっそくご紹介しますね!

 

■8割の女性は結婚後も働きたい!

20~30代の女性にズバリ「結婚後、仕事をしたいですか?」と質問してみると、圧倒的な79.3%が「はい」と回答!

「いいえ」は、わずか20.7%にとどまることから、現代女性が描く将来像としては、5人に1人が専業主婦願望、5人に4人は有職主婦願望があるよう。

圧倒的な女性たちが、結婚しても“仕事”は続けたい、あるいは、なんらかの形で働いていたい!と思っているのですね。

 

■20代と30代では理由が異なる!?

ところで、多くの女性が共働きを希望するのは、どんな理由だと思いますか?

同調査では、20代女性の率直な意見として、「今の時代共働きじゃないと不安が多い」「今の時代、専業主婦では生活はやっていけない」「このご時世、共働きしていないと身動き取れない気がして怖い」など、現実的な理由が並んでいます。

一方、30代の女性になると、「(今の仕事が)一生続けたい仕事」「仕事も生きがいのひとつ」など、これまでのキャリアを肯定的に捉え、結婚したからってキャリア設計を変えたくない!という気持ちが強くなっている様子がうかがえます。

20代と30代の女性では、「結婚後も働きたい!」の理由が若干異なる傾向もあるですね。

 

以上、独身女性の8割が抱く結婚後の野望についてご紹介しましたが、いかがですか?

結婚後に働けるかどうかは、どんな男性と結ばれるかによっても変わるのが現実。

現代では、共働きは当たり前になりつつあります。あなたの彼は、あなたが結婚後に働くことに肯定的でしょうか?

もし、現在独身で「結婚しても、このままずーっと働きたい!」と考えているならば、彼とは交際中からよく話し合っておくほうが得策かもしれませんね。

 

【参考】

あわせて読みたい