シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

なんでそんなに使うの?「引越し」でバーッといく県民1位はヤハリ

お金をパーっと使う男性は、お好きですか?

ここぞ!というシーンで惜しげも無くお金を払っている男性の姿を、頼もしく思う女性もいれば、「浪費家なんじゃない!?」と顔をしかめる女子もいるでしょう。

『引越し侍』が1,435件の回答を得た調査によると、お金の使い方にも地域差があるようなのですが……!?

そこで今回は、「ここぞ!」なシーンで散財する男性が多い出身都道府県のトップ3をお伝えしていきます。

金銭感覚は、結婚したらすっごく大事な部分です。カレシが“隠れ散財男”じゃないか、よーくチェックしておくにこしたことはありません!

 

■3位:熊本県民

引越しのときにもっとも高いものを買う県民を調べてみると、3位は「熊本県」で29万333円が平均額だったそう。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの高額アイテムを引越しのタイミングで買うことが多いよう。

普段は倹約家でデートも節約ばっかりな彼が、自分の引越しには散財している知ったら、どう思いますか?

 

■2位:鹿児島県民

続いて、同ランキングの2位には「鹿児島県」がランクインし、平均額は31万158円という結果になったそう。

3位、2位ともに九州地方の出身者がランクインしていますよね。一方で、もっとも支出が少ない倹約男子が多いのも九州地方の「宮崎県」で、平均額は5万2,000円だったよう。

なんと、同じ九州地方出身者でも都道府県が違うだけで、6倍も差がつくのですね。

九州男児=散財男子というワケではなさそうです。

 

■1位:青森県民

そして、堂々のトップに躍り出たのは「青森県」で、平均額は33万674円にものぼります。

テレビやエアコンなどの家電製品にこだわりが強い男性も少なくないかもしれませんね。

デジモノが大好きな男性と結婚すると、新製品が出るたびに欲しがって大変な思いをする女性もいそうです。

 

以上、引越しのタイミングで散財する男性の出身地トップ3をお伝えしました。

引越しは一大ライフイベントです。そんなシーンで、どんなお金の使い方をするのかによって性格があらわれますよね。

あなたの彼は、いかがですか?

 

【画像】

Maksym Poriechkin / Shutterstock