シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

どんな努力が必要?40歳独身男が結婚するのに必要な7つのこと

40代突入!自然な出会いなんてない!

なのに、結婚へ求める条件が増える

40歳の男性が結婚するということは、単に年齢を重ねた男性ができるかどうかが判断されるわけではありません。

統計では40歳を超えた男性が結婚できる確率は1%だと言われています。もちろん、絶対に結婚したくない男性や、病気などで物理的に結婚できない男性も含めての数字ですので、実際はそれよりも高くなるとは思いますが、かなり厳しい数字であることには変わりありません。

①収入

婚活する場合、男性は「年齢×10」万円が年収の最低ラインだという人もいます。つまり40歳では年収400万円、これが女性が望む最低ラインです。この壁をクリアできる人がどれだけいるでしょうか?

合わせて、もし結婚できたとして子供が生まれ、その子が成人するときには60歳を過ぎてしまいます。定年の可能性もあり、その後嘱託などで再雇用されても年収が激減します。つまり将来設計が立てられない可能性があります。

②貯蓄、財産

30歳で貯金が200万円しかなくても結婚できると思いますが、40歳で貯金が同じ金額しかないとするとそれまで何をやっていたのかと思われます。当然、子供ができて育てていくためにはお金が必要です。そのベースとなる資金がないとすると女性は怖くて結婚しないでしょう。

お金以外の財産も同様です。40歳であれば不動産を所有している、あるいは金融資産を保有していることなどが求められるかもしれません。そういったものを保有していなければ結婚へのハードルはかなり高くなります。

③親の問題

40歳の男性のご両親、ご健在であっても70歳前後でしょうか。今は元気でも5年後、10年後病気などになる可能性もあります。要は、結婚した女性は遠くない将来に義理の親の介護問題に直面します。

あるいは現在進行形で介護している場合、知らない人の介護を受け入れてくれる女性がどれだけいるでしょうか?そういった問題も40歳男性の結婚を難しくしています。

とはいえ結婚したいのであれば状況を改善する努力が必要になります。以下で考えていきます。

40歳の男性が結婚するのに必要な7つのこと

1.出会いの数を増やす

男女のお見合い

当たり前ですが、出会いの数を増やさないことには結婚できません。40歳であれば、自然な出会いの機会はぐっと減るでしょう。合コンの機会もなくなりますよね。

婚活サイトを使ってもいいのですが、多くの婚活サイトは男性会員の方が多く、さらに男性だって若い方が有利。40歳男性には男女比という点でやや不利なのです。

しかし、40歳男性は出会いの場を選べばまだまだいけるのです。結婚相談所は20代男性がほとんどいません。僕も実は妻と会ったのはIBJ系列の結婚相談所でした。エン婚活エージェントのように、9800円で入会できるリーズナブルな結婚相談所も増えましたので、昔よりもずっと敷居は下がりました。

結婚相談所で活動する場合は仲人の意見をしっかりと受け入れることが大事です。耳の痛いことを言われるかもしれませんが、「結婚のプロ」の言うことを聞かないとおそらく良くならないと思います。私の場合は、かなり低姿勢で臨んでいるつもりでしたが何度も「外見で選んでる」「顔で選んでいる」といわれました。

また、結婚相談所は抵抗があるという方向けの真面目な出会い応援サービスもあります。朝日新聞社が作った40歳~65歳独身男女の社会人サークルミーティングテラスは男性会員の方が少なくて男性を大募集中です。

関連記事

2.散財を減らす

お金がないアラフィフ

何よりも収入が高くないと結婚できないのはご理解いただいていると思います。かといって「収入を上げます」といってすぐに上がることもないですし、40歳になれば関連会社出向などでむしろ下がる人もいます。

何をどうすればいいのかは個人によって異なりますし、住んでいるエリアが地方ならば都会より収入は低くても何とかなるでしょう。どうしろとアドバイスはできませんが、先に書いた「年齢×10万円」は目安として覚えておいてください。

貯蓄をしてください、と書こうとしましたがすぐに貯まるものではないことは明白です。せめてお金の使い方を変えていきましょう。婚活自体にお金がかかりますが、それ以外の趣味は一旦抑制して(やめろとは言いません)、余計なことにお金を使わないことを意識してみましょう。

婚活でデートをするときもお金がかかります。そこをケチれということではなく、その場で趣味について延々と語ると、女性は「この人と一緒になって大丈夫?」と不安になるでしょう。

お金の使い方、出すべきところは出し、不要な支出は止める、そうしたオンとオフの切り替えが結婚への近道となると思います。

3.服装を意識する

ネクタイ、服装

だらしない服装を変えるのは当然ですが、40歳の男性にはその年齢にふさわしい服装というものがあります。

アラサー男性がパーカーやチェックシャツを着てデートに行ってもカジュアルでありかもしれませんが、40歳男性がパーカーやチェックシャツでは女性曰く「気持ち悪い」のです。

若々しい服装がNGということではなく、部屋着のような服装をしていると、人生経験が浅い、底が見えた人間だと思われてしまいます。

若々しく清潔で落ち着いている、なかなか難しいことですが40歳で結婚するためにはこのくらいのことができないと難しいでしょう。

4.身だしなみ、髪を整える

男性の服装、鏡

服装と同じように清潔感があるように身だしなみを整えましょう。ただでさえ「加齢臭」などと言われてしまいます。しっかりシャワーを浴び、髭を剃り、制汗剤などをつけてみてください。

男性が年を取ると、女性が不快に感じる成分を含んだ汗が出るとも言われています。脂ぎっていることはプラスになりませんので注意してください。

40歳という年齢から避けて通れないのが髪の毛です。白髪が増えるくらいなら問題ないですが、どうしても薄毛になる人もいます。対処法はないのですが、やはり薄毛の人がプラスになることはないでしょう。

カツラをつけろとは言いませんが、第一印象を少しでも良くするために髪の毛以外の部分で何ができるのか考えてみてください。

もちろんボサボサの髪は論外です。床屋しか行ったことがないのであれば美容院へ行ってみるなど小さなことから変えていきましょう。

5.休日の過ごし方を見直す

話すカップル

40歳までモテないでここまで来てしまったのか、モテていたけれども結婚する気がなくて40歳になってしまったのでは違いますが、前者の場合、モテないなりの理由があったということです。

40歳にして性格を変えろというのはなかなか大変ですが、休日の過ごし方を変えてみませんか?

独身で長くいると、好きな趣味にお金と時間と労力をかなりつぎ込んでいると思います。私もオタクなので分からなくはないです。でも女性に会って「休日は何をしているの?」となったときに、趣味にのめりこみすぎていたら結婚相手として対象外でしょう。

結婚したら変えるでは、結婚相手としてみなされません。辞めろとは言いませんが、少し控えるようにしたいですね。

6.ダイエットする

食事・お腹がすいた

痩せてモテ体型になるということは重要ですが、そうではなくても日本の男性は太りがちです。日本の女性の場合、世界標準と比較してもおかしいくらい痩せている人が多いのですが、男性は世界とあまり変わらず、20代→30代→40代と年を重ねるにつれて順調に肥満の割合が増えていきます。

その中で他の男性と差別化するには痩せるしかありません。これは確実にプラスの印象を与えることでもあり努力すれば誰にでもできます。痩せすぎになれとは言いませんので、BMIが標準になるように努力してみましょう。

7.とにかく外に出る

年の差

最後、結婚するための縁を手繰り寄せるためには家に籠っていてはいけません。仕事で疲れてしまって家にこもってばかりいるのでは、余計老けてしまうということもありますが、他人に見られるということに慣れると、色々な面でプラスになります。

おしゃれや髪型にも気を使うようになれば、だんだんとモテてくると思います。諦めないで自分を他の人に見てもらうための努力をしてください。

諦めないことが大切

できることはしてみましょう

40歳男性の結婚について、楽観的な見通しをすることはできませんし、してはいけないと思います。しかし、それと結婚を諦めることとは違います。統計上の数字が1%(あるいは数%)であってもゼロではないわけですから、努力次第でその数字を増やすことができます。

40歳であればまだ間に合います。諦めないでできる取り組みから初めてみましょう。そのためにはやみくもに婚活するのではなく、40歳の経験を活かして戦略、戦術を立てることが重要です。応援しています。

The post どんな努力が必要?40歳独身男が結婚するのに必要な7つのこと appeared first on まりおねっと.