シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

どんどん吸って~と言えばOK!? 彼氏に「禁煙を考えさせる」方法

タバコを吸わない女性にとって、モクモクと立ち上る煙は天敵。彼氏が喫煙者だと、どうやってタバコをやめさせるか考えてしまいますよね。

そこで今回は、愛煙家の筆者が“彼氏に禁煙を考えさせる方法”をご紹介しましょう。

 

■1:道徳的な言葉は逆効果!?

「もうっ、ガンになっても知らないからね」

「タバコは百害あって一利なし」

「お金かかるから、やめれば?」

これらの言葉は、喫煙者に通用しません。むしろ逆効果で、「そんなこと言うなら、一生吸い続けてやる!」と思わせてしまいます。

タバコを吸う理由は色々ありますが、「他の人と違う自分、サイコー!」や「何が禁煙だ、時代の流れに逆らってやるぜ」といった、反社会的じみたものが大多数。道徳的なことを言っても、火に油を注ぐだけなんです。

 

■2:吸うことを全力で推奨してみる

そこで効果的なのが、笑顔で「どんどん吸っていいよ」と言うこと。

「むむっ……逆に吸う気がなくなる」

「歯が黄色くなるし、口臭も気になるしなあ」

「長生きしたいから、とりあえず本数減らすか」

こんなふうに、吸うことを全力で推奨されると、かえって真面目になってしまうんです。

愛煙家の筆者は、嫌煙家の友人の前では「タバコが吸いたくてたまらない!」と落ち着かなくなるのですが、タバコに寛容な友人の前では「今日は吸わなくてもいいかな」と妥協できます。

喫煙者という生きものは“あまのじゃく”なんです。タバコを吸う彼氏をお持ちの方なら、理解できることでしょう。

 

いかがでしたか?

「やめて」ではなく「吸って」と勧めることが、彼氏の禁煙への第一歩。

いつかは、煙たい喫茶店ではなく、クリーンなカフェでお茶ができるようになるといいですね。

 

【画像】

ra2studio/Shutterstock