シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

どっちが恋人つくりやすい?「朝型VS夜型」意外な調査結果…

気がつけば、衣替えも終わり、夏がはじまろうとしています。

今年こそは恋人をみつけて、楽しい夏を過ごしたいと考えているひともいるでしょう。

どうすれば、恋人をつくることができるか。それについては、いろんなアドバイスがありますよね。ですが、今ひとつ参考にしても上手くいかないというひともいるでしょう。

それは、もしかしたら、恋人募集中の女性がやってはいけないことを、あなたがやってしまっているからかもしれません。

シカゴ大学のDario Maestripieri教授らの研究によれば、恋人ができないひと、一夜限りの恋で終わってしまうひとには、行動に特徴があるのだといいます。

つまり、それをやめなければ、どんなに出会いを求めても恋人はつくれないということなんです。

いったいどんな特徴なのでしょうか。『Journal Evolutionary Psychology』に掲載された研究から、くわしく紹介したいとおもいます。

 

■恋人募集中のひとがやってはいけないこと

Dario Maestripieri教授らは、500名以上の大学院生を対象に分析したところ、恋人ができないひと、もしくは一夜限りの恋で終わってしまうひとにはある特徴があることをみつけました。

それは、夜型の生活習慣だということなんです。

教授によれば、夜型の生活習慣は性的な関係への興味を促進させ、短期的で継続的ではない男女関係をうながすのだといいます。

つまり、わかりやすくいえば、夜型のひとはいかにベットに行くかだけが関心事となって、恋人として長期的な関係を築いていこうという気持ちが弱いということなんです。

もともと教授らは、男女のストレスホルモン・コルチゾールと男性ホルモンのテストステロンのレベルを調査し、コルチゾールとお金に関する行動について研究をおこなっていました。

その結果、コルチゾールが高いとリスクをかえりみない行動が多くなるということがわかり、恋愛においてもギャンブルのような一夜限りの恋をしやすくなるということがわかったんです。

 

いかがですか。この研究結果にしたがえば、あなた自身が夜型から朝型に変わることも重要ですが、朝型の生活習慣で、朝に知り合う男性と親しくしたほうが恋人をつくりやすいということのようですよ。

 

【参考】