シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

どっちが勝つでしょうか!? 子ども100人 VS 現役のマンチェスター・ユナイテッのサッカー対決がカオスすぎる!

さて、プロのサッカープレイヤーと子どもたちが対戦したら、どっちが勝つでしょう? 普通に戦えば、そりゃプロ選手が勝つと思いますが、とんでもないハンデがあったとしたら……?

今回紹介するのは、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に在籍するヘッドコーチ、ミッドフィルダー2名、ディフェンダーの4人チームと総勢100人のちびっこサッカーチームとの対戦動画です。勝敗はいかにっ!

【質VS量の戦い】

アメリカの人気深夜番組「The Late Late Show with James Corden」の企画で実現したこちらの対戦。コート上に集められたプロ4名に司会者のコーデンさんが「文字通り、若くてハングリーな”レイトレイトショーフットボールクラブ”を紹介するよ」と、対戦相手の説明をします。

すると選手の見つめるゲートからわらわらと出てくるキッズたち。

100人だって? どこからそんなに集めてきたんだいっ!」とコメントする選手の気持ち、よーく分かります。

サイドでスタンバイするマンUのモウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグでの優勝へ導いた実績もある実力派。対して子どもチームのコーデン監督の紹介は……「まぁ同じ人間です」って、どんだけ雑な紹介なのっ。

【キックオフ後に増していくカオス感】

いよいよキックオフ、ほんの開始10秒足らずでマンUの選手がゴールに迫ります。ボールはクロスバーを越えていきますが、いやぁ〜、さすがプロは仕事が早いっ! 子ども相手でも容赦ない!

途中、ボールを持ったプロ選手の周りに子どもが集まりすぎて動けなくなるハプニングを乗り越え、先制したのはマンU。子どもチームもゴールを攻めますがオフサイドになってしまい、「オフサイドって書けないようなちびっこにオフサイドするの!?」とコーデン監督からジョーク交じりの抗議が飛びます。

これが想定外の攻撃だったのか、突然モウリーニョ監督自らディフェンダーとして参戦することに! それに対抗してコーデン監督も23人目のディフェンダーとして試合に参加です! なんだか大人達の方が盛り上がってきましたね〜。

「子どもが怪我しないか心配だったけど、コーデン氏のことは何とも思わなかったよ」と言われつつもゴールに迫りキッズのシュートで得点へ! マンUチームも攻撃を緩めず、見事なオーバーヘッドキックでゴールし、マンUの勝利で試合終了。勝敗はもちろん、大人も子どももみんな楽しんでいるゲームはなかなかの見ごたえがあるのでしたっ。

参照元=YouTube
執筆:入江ゆうり(c)Pouch