シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

どうしてそんなにアクティブなの?「フィットネス女子」の奥深い動機4つ

暑い日が続く毎日。もうずーっと冷房のきいた部屋から1歩も出たくないという気持ちになりがちですが、世の中には暑さもかえりみず、ジム通いやフィットネスに汗を流す女子もたくさん。
何が彼女たちの動機となっているのか、気になってリサーチしてみました。毎日を充実させるヒントがそこに隠されているかもしれません!

「フィットネス女子」の奥深い動機

1. 成果がはっきり目に見えるから、毎日続けたい

「『筋肉女子』に憧れて、筋トレを始めたら体が引き締まるのがすぐに実感できました。やればやるだけ目に見えて成果が表れる、というのが楽しくてハマっています」(20代女性/会社員)

▽ 成果が目に見えるというのは、大きなモチベーションアップになります。夏は体のラインが出る服を着るチャンスも多いし、カッコよく引き締まったボディをみんなに見られる機会も増えるので、やる気スイッチもオンになりやすいでしょう。

2. 友だちと一緒にやっているので飽きないし、ずっと続けられる

「ジムでヨガやピラティスのクラスを友だちと一緒にずっと続けています。お金を払っている分、元を取らなきゃという思いもありますが、仲のいい友だちがいるからこそ続けられているのだと思います。一人だったらとっくに挫折していたでしょう」(20代女性/主婦)

▽ 大人のスポーツに、大そうな理想や目標はいりません。気の合う友だちがいるから何となく続けている、案外それくらいゆるい人のほうが長続きするものでしょう。

3. 大きな大会やレースに出場するので、トレーニングを怠らない

「ランニングを始めて3年以上たちます。1年サイクルで出たい大会やレースを決めて、それに向けてトレーニングしてゆくようにしています。目標が何か月後と決まっているので、はっきりしたタイムフレームが設定できるのが継続のポイントだと思います」(30代女性/看護師)

▽ やるからには何らかの目標を持ちたい、と考えるのも自然なこと。大会やレースは達成感も得られるので、モチベーションアップにも良いでしょう。

4. 気分がのらない時はお休みします。楽しいから続けているだけ

「自転車でサイクリングをするのが趣味です。運動は得意ではありませんでしたが、自転車って平坦な道なら自分の力でずいぶん長い距離をゆけるのでどんどん楽しくなってきます。とはいえ気分がのらない時は無理せず休みます。私にとっては楽しくなければ意味がないのです」(30代女性/教育)

▽ 「楽しいから」――それ以上の動機なんて趣味には必要ないのです。誰からのプレッシャーもなく、心のおもむくままに楽しむって最高ですね。

まとめ

いかがですか。アクティブに運動を楽しんでいる人たちは誰も無理をしたり、他人の視線を気にしたり、ということはありません。何よりも自分が楽しみ、「やりたい」と思えるからこそ続けられる。だからこそ毎日を充実させられるのでしょう。そんな“何か”を見つけられたらハッピーですね。