シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

できる限り避けたい…!上司や同僚と「無駄に衝突しない」コツ3つ

みなさんは職場で上司や同僚、あるいはお客さんなどと仕事上、衝突することはないでしょうか? もしかしたら仕事をする上では、衝突することもあるかもしれません。

その衝突は建設的に物事を解決するためのもの、あるいは仕事をスムーズに進める上で避けて通れないことであれば仕方ないことかもしれません。

ただしその後、なにかシコリが残ってしまったり、関係が上手く行かなくなってしまったりすることもあるかも。そういう意味では、できれば職場で他人と衝突することは避けたいですよね。

そこで今回は、海外の女性向け情報サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に“会社で他人と衝突しないコツ3つ”をご紹介します。

 

■1:過去の仕事のことで議論しない

仕事をしていると、もしかしたら“こうしとけば良かった”、“もっと違うやり方のほうが良かった”などと、後悔することってありますよね。

そうした時に、過去の仕事のことややり方をアレコレ議論するのは止めましょう。もちろん、過去の過ちを反省することは大切ですが、そのことを議論をしても今さら改善されることはありません。

時間の無駄であるばかりか、人間関係を悪化させることになりかねません。過去の問題について議論しない、ということは職場で人との衝突を避けるちょっとしたコツでもあります。

 

■2:相手の立場で考える

なにか仕事上の問題が起こって、相手と議論になった時に覚えておいて欲しいのは“相手の立場で考える”ということです。

この考え方ができると不必要な衝突を回避できたり、相手の言いたいことや想いを意外とすんなりと理解したりということができます。結果として、不必要な衝突を避けることができるのです。

なにか問題が起こった場合は相手の立場で考える、という癖をつけておくと良いでしょう。

 

■3:相手を説得しようとしない

普通、他人と衝突した時に人は“なんとかして自分の意見に相手を説得させよう”と考えるでしょう。もちろん、相手もそう考えるでしょう。

しかし仮に相手を説得できたとしても、問題が大きく改善されなかったり、事態が打開できなかったりすることはないでしょうか。

すると、結局は気まずい印象を残すだけでなにも得られなかった、ということもあるかと思います。

こうした無駄なプライドは捨てましょう。それが他人と上手にやるコツでもあります。そして、結局最後に得をするのは自分なのです。

 

以上、“会社で他人と衝突しないコツ3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

仕事をしているともちろん思い通りにならないことも多いかと思いますが、ちょっと引いて考えてみたり、事態を俯瞰で考えてみたりしてください。

意外にも、そうすることで解決策が見つかるかもしれません。

普段会社で人と衝突することが多いという人は、明日からさっそく試してみましょう。

 

あわせて読みたい