シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

できるだけ傷つけたくない!「男性からの告白」の上手な断り方とは?

告白されたのはうれしいし、相手の男性の誠実さは分かったのだけれど……今回はお断りしたい! そんなとき、あなたならどんな断り方をしますか? できるだけ相手を傷つけない断り方を教えてほしい!
そこで今回は、告白の上手な断り方をご紹介します。想像以上にデリケートな男性に、けっして「ムリ!」なんて言わないこと。

告白の上手な断り方

1. 「好きな人がいるから」

告白の断り方の王道として知られている、「好きな人がいるから」というセリフ。少女漫画でよく見るセリフですが、私の周囲にもこのセリフで告白を断っている人は多いですね。ですが、ここで気をつけたいのが「それ、誰?」と聞かれたとき……。
意外と「諦めるから、その相手だけ教えて」と食い下がる男性、多いんですよね。心の中では「誰でもいいでしょ!」と思いつつ、ここは冷静に「今はまだ言いたくないの……」で乗り切りましょう。誰かの名前を出してしまうと、お互い微妙な空気に包まれることになるかも……。

2. 「友達でいたい」

「あなたは大事な友達だから、恋愛関係ではなくこのまま友達でいたい」と伝えるのもよいでしょう。告白した後、気まずさに耐えかねてあなたの元を去る男性もいると思います。しかし、友達でいたいと伝えておけば、2人だけの特別な関係が築けるかもしれません。
ただし、このセリフは誠意を持って伝えなければなりませんよ。けっして告白を茶化したり、なかったことにしたりしてはいけません。「友達のままでいいでしょ?」なんて冗談めかして彼の告白をなかったことにするのは、彼の誠実さを踏みにじることになってしまうから。

3. 「今は恋愛のことは考えられない」

夢や目標に向かって突っ走っているときに限って、告白されたり食事のお誘いが増えたりしませんか?「彼氏欲しい~」と言っていた時期にはまったく縁がなかったのに……。それは、目標を見据えて突き進むあなたがキラキラオーラに包まれているから!
恋愛のことを考える余裕がないときは、スパッと告白を断るべきです。相手のスペックに惹かれてお付き合いを始めたところで、彼もあなたもつらくなるでしょう。キラキラオーラと恋愛を二の次にした姿勢は、男性だけでなく同性にもモテてしまい余計に忙しくなるかも……!

「ありがとう」の気持ちを忘れずに

告白をお断りするときは、答えを曖昧にして相手に期待を持たせてはいけません。それは、スパッと断る以上にキツい仕打ちです……。まずは「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えること。次に誰も悪者にしない否定の言葉を選ぶこと。これでむやみに相手を傷つけずにお断りできるはずです。
もしあなたが告白したとして、どんな断り方なら納得できますか? 相手の気持ちに寄り添って、あなたなりの答えを見つけてみて。