シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ついつい言いがち?男を瞬く間にイライラさせる「女のセリフ」4つ

お付き合いが長くなれば、ちょっとしたことが原因でケンカに発展してしまうことってありますよね。男性に放った“些細な言葉”が原因で、彼氏とケンカになってしまったという経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は『gooランキング』で発表された「とにかく重い女性のセリフランキング」の結果を参考にしながら、「重い女だなぁ」と思わず男性がイライラしてしまう女性のセリフについてみていきたいと思います。

 

■1:「言わなくても察してよ!」

「阿吽の呼吸」という言葉がありますが、それは長年一緒に連れ添った夫婦ぐらいにならないと難しいものです。特に男性は女性よりも論理的に行動する傾向があるので、黙っているだけでは意思が伝わらず、「いや、口で教えてくれよ」と男性も困ってしまいます。

男性に気持ちや考えを伝える際は、きちんと声に出して説明するようにしましょう。そうすることで無用な行き違いによるケンカを防ぐことができます。

 

■2:「他の女の子とは会わないでほしい」

確かに他の女性と彼氏が会うのは嫌かもしれませんが、彼の交友関係を制限するようなことを言ってしまうと、「重い女だな、そこまでオレの行動を制限するのか?」と男性が怒り出してしまうことも少なくありません。

彼氏が女友達と会うと聞くと、浮気が心配になる気持ちもわかりますが、交友関係について言い争いになって彼との仲が悪くなってしまえば本末転倒です。そこは彼を信じてあげるべきなのかもしれません。

 

■3:「今、電話で話してたの女の人だったよね。誰?」

ただの女友達なのに、電話を終えた途端に彼女からこんなことを言われたら、男性がイライラっとしてしまう気持ちもわからなくありません。なんだか浮気を疑われているようで、嫌な気分になってしまいます。

彼の電話の相手を探りたいときは、問い詰めるような強い口調ではなく「仕事の電話?」など、直接表現を避け、やんわりと問いかけるようにしましょう。そうすれば彼も「いや、大学の女友達」などと素直に答えてくれることでしょう。

 

■4:「私と仕事、どっちが大事なの?」

男性が女性から言われて一番イヤなセリフは「私と仕事、どっちが大事なの?」でした。

彼が仕事で忙しく、なかなか会う時間を作ってくれないなど、女性のなかにイライラが溜まった結果として吐き出されるセリフなのですが、そんな状況では男性もイライラしていて当たり前です。

仕事と恋愛の両立が上手くいっていない時期に、このセリフを彼女から聞かされると、男性の耳には、まるで「彼氏失格よ!」となじられているように聞こえてしまうのです。

仕事が忙しくて寂しい思いをしているのはわかりますが、ここはひとつグッと我慢が必要です。

 

いかがでしたか?

「口は災いの元」と言いますが、男女の関係にいても同じことが言えそうです。彼の気持ちを鑑みて、穏やかな発言を心がけたいものですね。

 

【参考】

※ とにかく重い女性のセリフランキング – gooランキング