シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

だれよりも頼りになるけど実は寂しがりや?しし座男性は結婚するとこんな人になる

ステラ薫子の星座占いでわかる【恋愛・結婚・性格】〈第13回〉

獅子座男性の結婚観

リーダーシップがあり強気なイメージの獅子座ですが実は意外と寂しがりや。頼もしそうに見えて、少年のような無邪気さがあり、ときおり心からの笑顔を見せてくれます。プライドは高いのですがおだてに弱く、単純なところも憎めない。人生にロマンを求める星座なので、結婚といえば恋愛結婚。それもドラマのような大恋愛を思い描いている人もいるでしょう。

 

獅子座男性にとって結婚とは恋愛の先にあるもの。思い切り恋を楽しんでゴールインした後も、幸せな結婚生活の演出を忘れません。たまには夫婦で贅沢デートや思い出に残る家族旅行。これはマメなのではなく、獅子座男性のイメージする幸せを実体験しているのです。もちろん自分が考えたレジャーを褒めてもらうと大喜び。意外に転がしやすい夫になる可能性大。家族のために仕事をがんばりますが、自分の夢や趣味も楽しみたいという思いも強いでしょう。

 

結婚後も昔の友人と家族ぐるみのつきあいをしたがります。子どもの面倒見もよいですが、料理をしたら片付けはお任せという自己満足型の傾向も。ちょっと俺様主義なところもありますが、責任感があり、面倒見のよい優しさも持っています。変にお人好しのところがあるので、金銭面の管理は妻がやったほうがよさそう。よい夫に育てられるかどうかは妻の采配にかかっています。

 

獅子座男性が相手に求めることは

自分の情熱を受け入れてくれる女性を求めます。気の強い相手は嫌ではないですが、プライドが高いので過去の失態をしつこく指摘されるのは苦手。また自分が考えたデートやレジャーを無駄使い扱いされると傷つきます。心のどこかで、褒め上手な女性を求めているところはあるでしょう。

 

相手のファッションも大事。自分のパートナーを自慢したいという願望が少なからずある獅子座男性。美女を求めるというよりは、自分の友人に褒められるような気遣いができたり、社交性を発揮できる女性を好みます。なんでもできるパーフェクト妻よりは、自分が助けてあげられる隙がある方が喜ぶでしょう。

 

楽しいことが大好きなので、家に帰ると毎日のように近所の人や仕事の愚痴を言ってくる人は閉口気味に。またオフタイムはできるだけ、自分や家族を優先して欲しいと願っています。やや大雑把なところがあるので旅の行き先を決めた後、他の細々したことを引き受けてくれるパートナーであればなお理想でしょう。

 

獅子座男性の生活スタイル 動物に例えるなら?

男女ともに堂々とした存在感を出す獅子座。どしりと構えたような余裕があり、やりたいことはいっぱい。それでいて、予定のない休みの日は、動き出すまでに時間がかかったり、自分の思い通りにいかないと意固地な面を見せることがあります。しかし頼られると正義感を発揮して、ときには矢面にたつような頼もしさを見せてくれます。家事は嫌いではないですが、パートナーが世話焼きなら、相手のしたいように任せるでしょう。

 

動物にたとえると星座そのもののライオン。狩りはメスライオンに任せますが、家族の敵には正面から立ち向かう百獣の王。獰猛ですが、満腹すると小動物が身近にいてものんびり。またオシャレな人が多いので見事なタテガミも獅子座男性を連想させます。

 

獅子座男性が結婚前と結婚後に変わるポイントは?

恋を謳歌していた獅子座男性が、結婚後に変わるポイントは一家の大黒柱としての意識。この変化がもたらされるのは他人の評価。特に仕事場で、上司や同僚から頼もしい夫、理想の父と褒められると一気に自分が家庭を守るんだという意識が急上昇。

また家族がいるんだからもっとがんばれよ、という叱責にも負けん気を発揮することになります。集団の中で中心にいたいという願望が強い獅子座男性ですから、妻や家族に頼りにされることも責任感を強くするポイントとなるでしょう。

 

反対に結婚後も変わらないのは夢見る心。心の中にいつもロマンを持っていたい獅子座男性ですから、家庭を守る仕事人をしていても心のどこかに夢を持ち続けています。そんな理想をあきらめない純真さが、獅子座男性の魅力のひとつなのでしょう。