シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

だらしないよりも許せないっ!「夫に抱く妻の不満」ワースト1位とは

共働きだと、夫の非協力的な態度にときにはイラつくこともありますよね。不満をぶつけている妻もいれば、グッと堪えている妻もいることでしょう。

夫に密かなる不満を抱えている妻は意外と少なくありません。不満買取センターが1,201人の妻に実施した調査では、おおむね妻が夫に抱える不満は集中している傾向も明らかに。

そこで、妻が夫に抱えている不満を、同調査を参考に3つご紹介します。

ひょっとすると、隣のデスクの女性もあなたと同じことで悩んでいるかもしれません!

 

■ワースト1位:家事をしない

過去6ヵ月間の夫への不満を抽出し、分析した結果によると、「家事を手伝ってくれない不満」が全体の15%を占めワースト1位に。

夫は仕事だけしていればよいが、妻は仕事に家事、子育てとフル回転しているご家庭ほど、不満を抱きがちなテーマかもしれません。

近年は“料理男子”も増えていることから、まったく料理をしてくれない夫にイライラを募らせている妻もいるのだとか。

 

■ワースト2位:非イクメン

続いて、「子育てに協力的でない不満」が14%を占め、ワースト2位になっています。

とくに働く女性は、保育園等の送迎も含めて夫より負担がかかっている人も多いかもしれません。

同調査によると、専業主婦でも「いいよなー、子供と毎日居れて。楽そうだし」なんて言われて不満を抱いていることもあるようです。非イクメンな夫に対して苛立ちを隠せないのは、働き女子も専業主婦も同じようですね。

 

■ワースト2位:だらしない

そして、「夫がだらしない不満」についても同じく14%を占め、同率ワースト2位になっています。

仕事で疲れて帰宅しているのはわかるけれど、それは私だって同じよ!と、感じている妻も少なくないのでは?

電気がつけっぱなし、脱いだものがそのままなどの“だらしなさ”にイラつく妻も少なくないよう。

それを片付けるのが妻の役割になると、さらに不満も倍増しそう。

 

以上、妻が夫に抱えている不満を3つご紹介しましたが、いかがですか?

過去半年間の消費者の不満分析によると、人間関係の不満のうち、“夫”への不満が圧倒的に1位だったそう。それだけ、夫に密かなる深刻な不満を抱いている妻は多いのですね。

あなたは、夫に不満を抱いていますか? もしかすると、同僚女子たちも、同じようなお悩みを抱えているかもしれません。

 

あわせて読みたい