シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

たった一言で!カレとの仲も急接近させる「盛り上げワード」とは

みなさん、盛り上がってますかー!?

年末も近づき、飲みの席も多くなってきましたね。

ワイワイ飲んで食べて、カレとの仲も大接近。クリスマスには、ふたりでしっぽり……。そんな流れにしたいですよね。

そこで今回は、「どーでもいいメンバーでも、仕事だったら盛り上げちゃいますよっ」と、盛り上がっている元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、テッパンの“盛り上げワード”についてお聞きしました。

 

■1:かんぱーい!

「まずは、当たり前のように“かんぱーい!”ですが、みなさん、コレ、当たり前すぎて、盛り上げることをおろそかにしていませんか?

飲みのスタートです! いまから飲むんです! 盛り上がっていかないとダメでしょー。

目上のひとよりもグラスは下で……とか、もちろん礼儀はありますが、乾杯の席で、一番礼儀がなっていないのは、“盛り上がっていないこと”だとワタシは思いますよ。

“かんぱーい!”は明るい声で、盛り上がる! 今から飲むんだから! これを心に刻んでおきましょう」

 

■2:おめでとー!(乾杯)

「飲みの席で、一番、美味しくて嬉しくて楽しくて盛り上がるのは、お祝いの酒。

これっきゃないでしょ。なんでもかんでも、お祝いにしちゃいましょう。

“最近どうよ?”

“彼女とうまくいってなくて……”

“おめでとー!”(乾杯)

このノリです。

失敗は成長、別れは新しい出会いにつながります。

しょげているひとに同調しても、仕方ありません。盛り上げ番長としては、プラスの面に目を向かせることで、愉快な飲みに変えちゃいましょう。

気を落とすのは次の日の朝でOK。きっと、二日酔いで苦しいのか心が苦しいのか、よくわからないはず」

 

■3:愛してるゼッ!

「これは誰かひとりに向かって言うのではなく、全員を対象に愛を振りまく言い方でします。

順番に、“●●くーん、愛してるゼッ!”。

こういうノリの軽い“愛してる”を連発し、“愛してる”という言葉を使うハードルを、その席では下げまくるのです。

普段、特別なひとへ、特別な時にしか言えないような、この恥ずかしい、でもステキな言葉を、酒の席で酔った勢いで振りまくことで、全体がチームとして盛り上がります。

“●●くんはー、ワタシのこと愛しているのか!?”のように、与えた愛をしっかりと返してもらうよう要求することも重要。

みんなシャイですからね。これも男女へだてなく、全員に平等に行うことが大切。でないと、マジになっちゃいますから。

でもこれやると、次の日あたりに、“実は本当にさ……”なんて言ってくる男性も結構いるもんですよ。

こまったもんですねえ」

 

いかがでしたか? いよいよ飲み会シーズン。しっかり盛り上がって、仕事も恋愛もハッピーにいきたいものですね。

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。