シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

そんなことでいいの? 男性から一目置かれる女性になる方法4つ

“自分磨き”とか“女子力を上げる”というのは、私たち女性からしてみれば普段から心がけていることだったり、日々実践していることだったり、特にマイナスなイメージはないと思います。
ただ、今回このコラムを作成するにあたり「女性の自分磨きや女子力アップのための努力」を本心ではどう思っているのか筆者の知り合いの男性に聞いてみたところ、外見だけを取り繕ったり、媚びたりするイメージが強いという人が一定数いるということがわかったのです。
それなら、「なにがなんでも女子力を上げる!」と張り切るよりも、さりげなくキラキラとしたステキオーラを纏ってしまったほうが断然良いのではないでしょうか。

“普段から”気をつけるべきポイントがある!

自分磨きや女子力アップは、あくまでも自分のために行っていることかもしれません。でも、それをわざわざ男性の前で口に出すのは「モテるための努力をしています!」と受け取られてしまうこともあるのです。……こわいですね。
それよりも、普段から気をつけるべきポイントだけを抑えて“普通に”生活するほうが男性からは好印象のようです。そして、その“気をつけるべきポイント”というのも特段難しいことではありませ
筆者が知り合いの男性たちにリサーチをかけ、その中であがった意見の中で最も多かった上位4つをご紹介します。

1. 姿勢を良くする

ズバリ、猫背は実際よりも太って見えます。むくんでいるときなどは下着に収まりきらず、はみ出してきた脂肪、通称“ハミ肉”――これが、意図せず乗り上がってしまっていることもありますよね?
この図は、誰がどう見てもモテ子にあるまじきもの。薄着になる時期は、とくに猫背にならないよういつも以上に姿勢に気をつかう必要があるといえそうです。

2. できるだけ笑顔でいる

気分が乱高下する人とはスリル満点なお付き合いができるかもしれませんが、そういうお付き合いというのは大人になればなるほど疲れてしまうもの。
一緒にいて癒される、落ち着く……そういう穏やかな関係を築き上げていけそうなイメージが湧く女性を連想させるために必要なものこそ“常に笑顔でいること”なのでしょう。

3. 話をするときには相手の目を見て

常に見られていると、人は居心地の悪さを感じるものですが、せめて話をするときは相手の顔を見て話をしたいものですね。せっかく話をしていても目が合わない(そもそも顔がこちらを向かない)というのでは、話をする気も失せるというもの。
相手の目を見て話をするというのは、それに集中しているということのアピールにもなります。

4. 感情は言葉に変えて

うれしい、楽しいなどのプラスに働く感情は、惜しみなくどんどん言葉にしていきましょう。「自分と一緒にいて楽しんでくれている」と思える相手に、良い印象を持たない人なんていません!
どうしても嫌なことがあった場合、時にはそれを伝えることも必要でしょう。ムリをして得られるメリットは、そこまで多くないということです。

定期的に実践することがマスト!

いかがでしたか? たったこれだけのことでOKなんです。とはいえ、気持ちに余裕がなかったりすると「あ、ついうっかり……」なんていうこともあることでしょう。しかし、これは定期的に実践することがマストなモテ行動なのです。
定期的に思い出す努力をしたり、気づいたときには必ず実践するなどの工夫をして生活することで、そう遠くないうちに男性から一目置かれる女性になれるはずですよ!