シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

それがおデブの原因!外食先で避けるべき太りやすいメニュー5つ

世界中のおいしい食べものが集まる日本。目移りするくらい魅惑的なメニューをあちこちで見かけますね。でも、衝動に駆られるまま食べていては太るいっぽう。太りたくない人には避けるべき外食メニューがあるんです。5つをご紹介。女性が大好きな「カルボナーラ」やみんな大好き「カレーライス」は避けた方がよさそうです。

女性の美肌づくりを応援する Web マガジン|Life & Beauty Report

■太りやすい外食メニュー5つ

お腹ペコペコの状態だと、見るからにボリューム満点のものや、味が濃くて重そうなものに目を奪われがちです。太りやすい外食メニューは、まさにそんな料理なんです!

●ハンバーガー

ボリューム満点のハンバーガー。肉汁たっぷりに、とろけるチーズがたまりませんよね。野菜はレタス1枚、トマト1切れが入っている程度で、ビタミン・ミネラルといった栄養素が不足しています。付け合わせのフライドポテトと共に、とにかくエネルギーが偏ったメニューです。

●カルボナーラ

生クリーム・ベーコン・チーズなど、動物性脂肪がたっぷりなカルボナーラは女性が大好きなパスタのひとつ。ソースが高カロリーなうえ、パスタの量を加減しないと、糖質過多にもなりえます。

●カレーライス

一見、野菜など入っていてバランス良さそうですが、一緒に食べるご飯の炭水化物と、ルーに含まれる小麦粉により、かなりの糖質を摂取することになります。おまけに、カレーのようにスパイスが効いて濃厚なものは、食べ過ぎる傾向にあるから危険です。

●オムライス

卵には良質なタンパク質が含まれていますが、ご飯の量が多く、チキンライスには糖質の高い調味料であるケチャップが大量に使われます。オムライスを食べるなら、仕上げにかけるケチャップは控えめにしたいところ。

●カツ丼

油を使って揚げるメニューは、どうしても脂質が多くなります。ロースなど脂身の多い部位になるとさらに脂質はアップ。衣の小麦粉、丼にぎゅぎゅっと敷き詰められたご飯により、想像以上の糖質が体に蓄積されることになるでしょう。


他に炭水化物のダブルメニューである麻婆丼+餃子、ラーメン+チャーハン、親子丼+うどんなどのセットは避けたいところ。ダイエットの為には外食先でのメニュー選びにも注意しましょうね。


(ささきひろこ)