シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

その肌くすみ・痩せにくい体は「肝臓ケア」不足かも!?

美しい人ほど意識しているのは、内側からのケア。中でも腸内環境を整えようと気を使っている方も多いのではないでしょうか。腸ももちろん大事ですが肝心なのは、内臓最大の臓器「肝臓(かんぞう)」だということ、みなさんは知っていましたか?

女性の美肌づくりを応援する Web マガジン|Life & Beauty Report

■肝臓ケアが大切なワケ

肝臓には「解毒作用」と「代謝」の働きがあります。毒素を身体の外へ出す「デトックス」をするためには、そもそも体外へ排出する前に「有害物質を無毒化する」という肝臓での解毒作用が必要なんです。そこがきちんと作用していなければ、デトックスも無意味になってしまうのです。

また、肝臓は代謝のキモでもあります。糖やタンパク質の分解・合成のほか、細胞膜やホルモンの生成をも担っており、この代謝機能がスムーズに行われないことで、肌荒れや太りやすい身体になってしまう恐れもあるのです。


■肝臓ケア不足のサイン

以下のような症状があれば、肝臓ケアを怠っている証拠かも!?

・肌にハリがなくシミやくすみが気になってきた
・髪にツヤがなく切れ毛が多くなってきた
・爪にツヤがなく縦線が入りはじめた
・疲れやすくイライラしやすくなった
・全体的にむくみやすい

肝臓には、細胞にダメージを与える「活性酸素」を無毒化する機能があります。美肌だけでなく、全身の免疫にも影響のある内臓なので、ここが不調だと「美」から遠ざかってしまうんです。


■美しくなるための肝臓ケアとは

肝臓ケアの必要なことは「休息」です。睡眠時間を確保することはもちろん、アルコールを摂取しない「休肝日」を設けることや、糖質や脂質を控え、肝臓を休ませましょう。また肝臓ケアには、良質なタンパク質も欠かせません。特に朝食で食べるタンパク質は、内臓を活性化する役割があります。そして解毒作用を手助けする「オルニチン」を含むしじみ・マグロ・チーズ、活性酸素を除去するほうれん草・アスパラガスも効果的です。


肝臓と美容の関係は深い!今日からあなたも「肝臓ケア」を意識してみませんか?


(ささきひろこ)

【参考】
かんたん!肝臓のしくみ – 田辺三菱製薬
肝臓の役割と肝臓の病気 – 大塚製薬