シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

その姿勢がおデブ直結!直した人から楽ヤセする「何気な習慣」5つ

「運動や食事制限をしているのに、思ったように痩せない」そうお悩みの方はいませんか? もしかしたらそれ、“日頃何気なくしている習慣”のせいで、太りやすい体を作ってしまっているからかも。

そこで今回は、“何気ない”習慣を改善して、スタイルアップする方法をご紹介します。

 

■1:歯磨きをするとき

流しや壁に寄りかかったり、片脚に重心をかけて立ったりすると、骨盤が歪んで脂肪がつき、下半身が太くなります。

両脚を揃えて立ち、シャキッとした姿勢で歯磨きをしましょう。

 

■2:メイクをするとき

小さな手鏡でメイクをすると、覗きこむような猫背の姿勢になり、腹筋が衰えます。その結果、ポッコリお腹に。

大きな鏡をテーブルに置き、背筋を伸ばしてメイクをしましょう。

 

■3:友人・彼氏と食事をするとき

友人・彼氏との食事タイムは、できることなら、横並びの席ではなく正面の席に座りましょう。

長い時間体を横に向けていると、背骨や骨盤が歪みやすくなります。

 

■4:スマホを見るとき

スマホを覗きこむように見ていると、首にシワが刻まれたり、顎がたるんだりします。

スマホは目線の高さに上げ、背筋を伸ばして見ましょう。

 

■5:テレビを見るとき

ソファに横になってテレビを見るのもNG。首から骨盤にかけて大きな歪みができ、脂肪がつきやすくなります。

背もたれと腰の間にクッションを挟み、背筋を伸ばして見ましょう。

 

「あー、やってた」というものがある方は、早速改めていきましょう。体に驚くような変化があらわれるかもしれませんよ。