シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

その冷え予防、間違っているかも…!?原因別冷えとり対処法

冷え予防に効くことをなんでも試してみたけれど、なかなか治らない。とお悩みの女性は多いのではないでしょうか。心当たりのある方は、冷え予防の方法が間違っているのかもしれません。実は冷えには、様々なタイプあるのをご存知ですか? 今回は貧血と血行不良が原因の冷え予防と対処方法についてご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■貧血が原因の冷えの症状

女性は生理もあり、鉄分の少ない食事により、鉄欠乏性貧血を起こす場合があります。朝起きられない、ときどき立ちくらみや、めまいがする方は要注意です。血液の中の赤血球によって酸素を全身に運んでいます。赤血球の中のヘモグロビンが不足することで、酸欠状態になり、末端まで血液がいきわたらなくなります。それにより体が冷えを感じてしまうのです。

・貧血予防の対策は肉と緑の野菜

鉄分には2種類あります。肉類やレバー、かつお、まぐろなどに含まれているヘム鉄。ほうれん草や豆腐に含まれている非ヘム鉄です。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べると、吸収率が高いのが特徴です。ヘム鉄はビタミンCとタンパク質と一緒に摂取することで、さらに吸収率がアップします。肉やレバーを野菜と一緒に食べることで、貧血予防効果が期待できるので、なるべく一緒に摂取すると、冷え性改善が期待できますよ。


■血行不良が原因の冷えの症状

栄養は足りているけれど、血液の流れが悪くて、末端の毛細血管まで血液が行き届かないことでも冷えは起きます。原因は、ビタミン不足、体を締め付ける下着の着用、揚げ物や甘いものの食べすぎによるコレステロール値の上昇、喫煙などが考えられます。

・血行不良の対策はビタミンC、ビタミンEを摂取

ビタミンCは血管を若々しく保ち、ビタミンEは血流を改善し血液をサラサラにしてくれます。また毛細血管を広げる働きもありますので隅々まで血液を運んでくれます。ビタミンCは野菜、果物、ビタミンEは青魚、サーモン、かぼちゃ、アーモンドなどに含まれています。魚は焼くことにより、ビタミンEを含んだ脂質が流れてしまいますので、刺身で摂取するのがオススメです。また、サイズに合った下着を選ぶ、揚げ物や甘いもの、タバコを控えるなども大切です。これらにより血流改善効果が期待できます。


あなたの原因にあった冷え予防対策を実行してくださいね。また、体を動かすことでも血流が良くなりますので、運動もプラスすると更によいでしょう。冷えには、いろいろな病気が隠れている場合もあります。何をしても改善されない場合は、病院に行くようにしましょう。


(岡野 ユミ)

寝る前3分で足冷え解消!足先を温める3ステップエクサ

お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

【参考】
昼・夜冷える人の悩み解消法 – 日経ウーマンオンライン