シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

そのイライラ「6月病」かも?プチうつの改善策3つ

「寝ても疲れがとれない」「やる気がおきない」など、最近心や体の調子が悪いと感じている人はいませんか? もしかしたら「6月病」かもしれません。リズミカルな運動やきちんとした食事で「6月病」に打ち勝ちましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■6月病とは?

「5月病」をご存知の方は多いと思います。4月からの環境の変化により溜まった疲れやストレスが、5月になって体や心の不調となってあらわれることをいいます。「6月病」とは、この「5月病」の症状が少し遅れて6月にあらわれること。新入生や新入社員だけでなく、配属転換や転勤、結婚、引越しなど原因はさまざまなので、誰にでも起こりうる可能性があります。梅雨のジメジメした気候も関係しているのだとか。「疲れがとれない」「やる気がでない」「無気力」などの症状がでている人は要注意です!

■症状チェック

6月病は大丈夫? あなたの心と体の状態をチェックしてみましょう。

・気持ちが落ち込む
・ちょっとしたことでイライラする
・後回しにすることが増え、やる気が出ない
・何をするのもめんどうで億劫
・物忘れが激しい
・今まで興味があったことが楽しいと思えなくなった
・なかなか寝付けない、夜中に何度も目がさめる
・体が重く、疲れがとれない

いかがでしたか? 半分以上チェックがついた人は要注意。疲れやストレスで一時的にこういった症状がでることもありますが、症状が2週間以上続くようでしたら6月病の可能性があります。意識的に改善していきましょう。

■6月病に打ち勝つ方法3つ

(1)良質なタンパク質を摂ろう

自律神経やホルモンバランスを整え、感情をコントロールしてくれる神経物質「セロトニン」が不足すると、うつ病になりやすいと言われています。セロトニンを作り出す材料となる必須アミノ酸であるトリプトファンは、たんぱく質が豊富な食材に含まれているので、3食きちんと食事を摂るのはもちろん、とくに良質なたんぱく質を積極的に摂りましょう。

(2)体を動かそう

一定のリズムで体を動かすことで、セロトニンを活性化させることができます。ジョギングやウォーキングなど、リズミカルな運動がオススメです。

(3)OFFタイムは自分らしく

休日は仕事のことは忘れ、意識的にオンオフの切り替えをしましょう。自分の趣味など好きなことに集中して過ごすのも良いでしょう。ただし、疲れが溜まっているときに予定を詰め込みすぎるのはNG。セロトニンを増やすには睡眠も大切なので、5〜8時間は睡眠時間を確保し、疲れを取るように意識しましょう。

ストレスと上手に向き合って、自分にあった方法で解消していきましょうね。

(LBR編集部)

【あわせて読みたい】

【参考】

増える「6月病」あなたは大丈夫? – サワイ健康推進課
心のスランプ・6月病をご存知ですか? – プラスウェルネス