シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

そうだったのか!「職場の華」と言われる人が密かにしてる習慣5つ

特別に美人なわけでも、特別に気配りができるわけでも、特別に仕事ができるわけでもないのに、その人がいるだけで雰囲気が和むという人がいるものです。

そんなあの人を徹底分析してみると、意外や意外、こんなことだったらすぐにでも真似できそうと思われることでした。

今回は、22年間のCA生活でたくさんの“職場の華”を観察してきた筆者が、彼女たちに共通する習慣5つについてご紹介します。

「上司にもクライアントにもすぐに顔を覚えてもらえて、男性にも女性にも人気があっていいなあ」と羨むだけではなく、ぜひ習慣化してみてください。

 

■1:明るい

笑顔、ハキハキした声、姿勢の良さ。「あの人、明るくて感じがいいな」という人に共通しているのはこの3つ! 明朗なキャラクターを決定付ける要素はこれのようです。

 

■2:空気が読める

「今、この話したらアウトだよな」「この人とこの人は、隣の席にしたらマズいよね」「課長が一人で寂しそうに飲んでるから、隣でお酌でもするか!」など、常に意識が周囲に向いてて、やりすぎにならない程度の奉仕の精神を持ち、さりげなく行動を起こせる。ここがポイントです。

 

■3:約束を守る

きちんとメールに返信する、納期や期日を守る、自分で言ったことに責任を持つ。単なるお調子者だけで終わらない、周囲の信頼を得ることが、“華”の必須条件といえるでしょう。

 

■4:謙虚さがある

人の話を真剣に聞く、他者のアドバイスを受け入れる、人気者と言われて天狗になるのではなく客観的に自分を見つめることができる。

年齢、性別を超えた好感度の高さはここにあります。

 

■5:甘え上手

簡単そうに見えて、なかなか難しいのがこれかもしれませんね。

常に独立独歩、やることは完璧で誰も口出しも手出しもできない、そんなデキすぎる女は周囲との距離が広がるばかり。

“職場の華”には、日頃から相談できる人がいて、必要なときには先輩や同僚の力を借りて課題解決できる。結果的にそんな”甘え力”って強いもの。

一人の実力なんてタカが知れていますが、集団の力の為せることは未知数です。

 

以上、今回は“職場の華”が習慣化している5つのことについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

こんな日々の積み重ねをするかしないかで、数年後の評価に大きく差ができることは間違いなしです。できることから少しづつ毎日“真似”してみてください。小さな模倣は、気がつけばあなたの本質となっているはずですよ。

 

【関連記事】

※ まずコレだけは!働く女性マル必の「超基本ビジネスマナー」3つ

※ いきなり賞賛の嵐!「デキる新人」認定される新入社員の魔法のテク3つ

※ お宅は…大丈夫!? 93%の確率で当たる「離婚する夫婦」の特徴3つ

※ 選べないのはツラいけど…「合わない上司」と上手につきあうコツ3つ

※ ラテとオレの違いって?コーヒーショップで「自分好みに注文する」コツ

あわせて読みたい