シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

すみだ水族館に “金魚” 約1000匹が集結! 「東京金魚ワンダーランド2018」は展示もグルメも金魚だらけのレトロ空間♪

日本の夏の風物詩といえば “金魚” ですが、この夏東京・墨田区にある「すみだ水族館」で、金魚に特化したイベントが行われるようなんです。

2018年6月30日から9月30日まで「すみだ水族館」で開催されるのは、金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」

全長約100メートルにもおよぶ金魚展示エリアに、 “珍しい色の金魚たち” が並ぶ特別展示など、内容盛りだくさん。さらには金魚をテーマにしたビアホール(!)も登場するらしく、子供から大人までたっぷり楽しめそうなんです♪

【金魚もスゴけりゃ、ちょうちんもスゴイ】

メインは江戸をテーマにしたエリア、5階「江戸リウム」に設置される、大規模な金魚展示エリア。日本最大級(すみだ水族館調べ)だというこのエリアには、色も形もさまざまな約20品種、約1000匹の金魚が展示されるらしく、想像しただけでワクワクします。

またこちらには、「金魚ちょうちんトンネル」も設置されるそう。金魚ちょうちん発祥の地・山口県柳井市の職人が手作業で作った100個の金魚ちょうちんは必見です!

【変わり種金魚を鑑賞できるエリアも】

変わった色の金魚たちを見ることができる特別展示「金魚いろくらべ」は、ちょっと遅れて7月9日からスタート。

6階のテラススペース付近にずらりと並ぶのは、隣り合った8つの水槽。こちらでは黄色や青色など変わった色の金魚たちを、見比べながら鑑賞することができるんですって。

【金魚鉢に入ったドリンク、だってぇ!?】

そのほか5階の「ペンギンカフェ」には、金魚鉢の容器の中に金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーが入った、「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」(750円 / 以下すべて税込み)。さらには、金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリーム、「金魚ソフトクリーム」(360円)がお目見え。

金魚ソーダの入った金魚鉢は持ち帰ることもできるので、いいお土産にもなりそうです(無くなり次第終了)。

【金魚を眺めながらビールが飲めるぞ~い!】

このように見どころいっぱいなわけなのですが……酒飲みのわたし的にもっとも注目したいのは、5階「江戸リウム」に現れるという「世界の金魚ビアホール」

こちらでは世界4カ国5種類の金魚が紹介されるほか、金魚たちと同じ土地で生まれたビールも販売してくれるということで、なにそれ最高かよ~~~! しかも開催時間は夜だけでなく、朝9時から夜21時までだそうで、天国に1番近い場所といっても過言ではないかもしれません。

ってなわけで、この夏のお出かけは「すみだ水族館」で決まり☆ 日本の夏を象徴する金魚を愛で、美味しいビールに舌鼓を打つべく、ふらっと出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースすみだ水族館
執筆=田端あんじ (c)Pouch