シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

すぐに別れちゃうひとの共通点とは? 短命の恋を繰り返す理由4つ

恋人はできるものの、ひとりのひととのお付き合いがあまり長く続かないひとっていますよね。いったい何故なのでしょう。まさか、初めから「今回も短命の恋をしてやるわ!」と構えているわけでもあるまいし……。そこで今回は交際期間が短くなりがちなひとたちをリサーチ、共通点を探ってみることにしました。

もし当てはまっていたら、要注意かも?

(1)付き合う前からすでに気持ちが最高潮

付き合う前から気持ちが盛り上がりすぎていたり、付き合えたことに対する喜びが出過ぎてしまうと、そのぶん気持ちが冷めるスピードも速くなります。
また、盛り上がっていたぶん、その気持ちの落差にも耐えられなくなるのでしょう。ずっと同じモチベーションであり続けることは、ほとんど不可能に近いということですね。

(2)自分との価値観の違いが許せない

「私はそんなふうには行動しないけど、このひとはこうするのね」というように、自分との違いを受け入れられないひとは、比較的短命の恋になりやすいといえるかもしれません。交際期間が長くなればなるほど、当然ですがその違いはどんどん露見していくわけですから。
本来なら思考や考えかたなんて十人十色のものなのですが、自分とは違うから“合わないはずだ”と決めつけてしまっているのかもしれませんね。

(3)頑張りすぎてしまう

恋愛をすると余計な力が入ってしまってつらくなるーー彼のためにいろいろしてあげたいと、ついつい張り切りすぎたり頑張りすぎてしまうのは息切れの要因になり得ます。
尽くしすぎてしまう、肩に力が入って身動きが取れなくなってしまうという場合には、いったん頑張ることをやめてみるのも長続きさせるためのひとつの手段だと言えます。

(4)素直になれない

「こうしてほしいけど、言ったら迷惑かな?」などというような感じでお互い遠慮ばかりが目立つようでは、この上なく気詰まりな空間の出来上がり。
居心地の悪さを感じるようではお付き合いを長続きさせることはできません。だって、お付き合いというものは、本来なら“居心地の良さ”を感じるものではないですか。
おいては、相手の反応を気にして素直に言いたいことが言えなかったりするのはNG。腹の探り合いをしても、得られるメリットはあまり多くないのでは?

長続きしない理由、いかがでしたか?

自分を押し殺してまで合わないひとと長くお付き合いをする必要はありません。しかし、もしもあなたが「いつも短命の恋ばかりしてきたけど、そろそろ腰を据えてお付き合いしたい」と思っているのなら、上記に挙げたような恋愛の癖がないかどうか、いま一度の確認を。
過去の恋愛を見直しつつ、恋愛の体質改善に取り組んでいきましょう。