シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

さらなる悲劇が!「唇の皮がむけたとき」絶対してはいけないNG4つ

 空気が乾燥し始めると、体のさまざまなパーツがカサカサ・カピカピになりがち。なかでも目立つのが、くちびるのカサつき。くちびるに潤いがないと不健康に見えるだけではなく、リップメイクの仕上がりもイマイチですよね。

「くちびるの皮がむけやすくて悩んでいる」という方も多いのでは?

そこで今回は、“くちびるの皮がむけてしまったとき”にやってはいけない4つのことについてお話していきたいと思います。

 

■1:無理やり皮をむく

「気になるから」「目立つから」といって無理に皮をむいては、雑菌が入って炎症を起こしたり、出血したり、傷痕が残ってしまったりする危険があります。

舌や歯、指で皮をむく癖がある方は気を付けましょう。

 

■2:リップメイクをする

皮がむけているくちびるにとって、口紅やグロスに含まれる成分が刺激になることがあります。

くちびるの荒れを抑えるリップクリーム以外は極力塗らないようにしましょう。リップクリームは、くちびるの縦じわに合わせて“縦方向”に塗ると浸透が良くなります。

 

■3:リップクリームを頻繁に塗る

上記で「リップクリームを塗ると良い」とお伝えしましたが、塗りすぎはNG。塗るときの力が刺激になったり、くちびるが本来持つ防御力を低下させて乾燥を進めたりすることも……。

「1日10回は塗っている」という方は塗りすぎなので、回数を減らしましょう。

 

■4:刺激の強い物を食べる

香辛料や果物に含まれる酸味は、くちびるに刺激を与えるので控えましょう。歯磨き粉もなるべくならくちびるにつかないようにしたいものです。

 

くちびるの皮は、自然にむけるまでそっとしておくのがベスト。「どうしても……」というときは、湯船に浸かった後のふやけたくちびるの皮に、ワセリンを塗り込み軽くマッサージをしてみてください。それでも取れないものは、無理にはがさないように。

 

【画像】
※ petrunjela / Shutterstock