シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

こんな自分は嫌! 彼氏に謝ってばかりいるときに考えたいこと4つ

最近、彼氏に謝ってばかりいる気がする……。たしかに、自分の非を認めて素直に謝るのは大事なことですが、彼氏に遠慮して謝ってばかりいるのは悲しいですよね。
そこで今回は、彼氏に謝ってばかりいるときに考えたいことをご紹介します。彼氏との関係を見直し、自分らしさを取り戻しましょう!

(1)謝る前に1つだけ主張してみる

謝ることに慣れてしまったあなたと、謝ってもらうことに慣れてしまった彼氏。この構図は知らぬ間に上下関係のようなものができてしまっているようなものなので、早めに対処しなければなりません。
しかし、そうはいっても謝ることをやめるという選択は簡単ではありません。では、いつものように謝る前に、たった1つでもいいのであなたの気持ちや考えを話してみませんか? そこで彼氏がハッとして、きちんと話し合いができたら2人の絆はより深いものになるでしょう。
反対に、あなたの主張に対して彼氏が激昂してきたら……。今が2人の関係性を見直す時期なのかもしれません。

(2)第三者に話を聞いてもらう

自分に非があることを認めて謝るのはステキなことですが、もし彼氏の機嫌や口のうまさに踊らされているのだとしたら、一度家族や友達に話を聞いてもらったほうがいいかもしれません。第三者の意見を聞いてみると、恋は盲目状態に陥っているあなたも冷静さを取り戻すことができるでしょう。
しかし、その後の言動には要注意。彼氏とケンカをした際に「○○は私は悪くないと言ってくれたのに!」「○○はこう言っていた」など、第三者の意見を主張するのはNGです。だって、もし反対の立場ならいい気はしませんよね?
そのため第三者に話を聞いてもらった後は、その冷静さを忘れないうちに彼氏と話し合ってみることが大事です。どうしても納得できなかったから、と向き合って話す時間を確保しましょう。

(3)2人の将来を想像してみる

気付くと謝ってばかり……。そんな自分を客観的に見ると、つらいですよね。では、そのまま2人の将来を想像してみましょう。1年後も2年後も、結婚した後も謝り続けている悲しい自分の姿が見えてきませんか?
自分が優位に立つことばかり考えている男性に、今後変わることを期待しても無駄なような気がします。だって、正論というよりも単なる上から目線の物言いであなたを言い負かしているだけでしょ?
それでも彼氏と一緒にいたいと願うなら、彼氏に言い負かされないぐらい勉強したり、社会経験を積んだりする必要があるかも……。

(4)彼氏と距離を置く

あなたが謝らなければ彼氏の気持ちがおさまらないようなら、彼氏と距離を置くことを考えましょう。それは恋愛関係というよりも、主従関係に近いような気がします。これ以上あなたが傷つく必要はありません。
ケンカはどちらかいっぽうだけが我慢するものでも、謝ったら終わるものでもありませんよね。きちんと話し合い、2人で納得できる答えを出さなければ意味がありません。それができないようなら、彼氏は大人のフリをした子どもなのだと割り切って、新たな出会いを探すのがベストな策かもしれません。